映画

映画「フォレストガンプ一期一会」永遠の名作! あらすじ・感想!ネタバレ注意!

更新日:

映画「フォレストガンプ一期一会」を観たことがありますか?

当時映画館で観ましたが、いまだ心に残る映画の一つにあげられます。

主人公は、純粋無垢な青年フォレスト。

彼の成長の物語。

それでは、「フォレストガンプ一期一会」のあらすじ・観た方の感想などをお伝えしていきたいと思います。

映画「フォレストガンプ一期一会」永遠の名作!

映画「フォレストガンプ一期一会」は1994年にアメリカで公開されました。

日本には、翌年95年公開され、38億円の収入を得るほどの大ヒットを収めています。

タイトルには、「フォレストガンプ」とありますが、これは、主人公の名前に悪口を足したもの。

【ガンプ】とは、うすのろ・間抜け・愚か者という意味です。

そんなタイトルだったとは、今さら驚きました。

ガンプという意味は、裏を返すと純粋無垢という意味合いも込められているのかもしれません。

「フォレストガンプ一期一会」には、印象的なセリフがあります。

[chat face="man1" name="" align="left" style="type1"]人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない[/chat]

このセリフは、映画の冒頭でも主人公の声が入るのですが、終盤にも再び流れてくるセリフです。

このセリフが持つ意味の深さに脱帽です!

アメリカ映画の名セリフベスト100にランクイン!

アメリカでは映画の名セリフのランキングがあるようです。

さきほどのセリフは、見事ランクインしています。

気になる順位は、40位。

この順位…いまいちだなと思ったので、いったい1位はなんだろうと思って調べました。

【1位】

風と共に去りぬ

「俺には関係ない」

【2位】

ゴッドファーザー

「文句は言わさん」

【3位】

波止場

「違う、タイトルを取れたんだ。多少は大きな顔もできる身になれた」

【4位】

オズの魔法使い

「トト、ここはカンザスじゃないみたいよ」

物語の流れもわかりませんし、日本語訳だとうまく表現できない部分もあるかもしれません。

上位にランクインしているセリフたちを眺めていると、フォレストガンプはもっと上位にランクインしても良さそうな気が…。

「フォレストガンプ一期一会」のあらすじ!ネタバレ注意!

主人公フォレストは、バスを待っている人々に話しかけながら、過去を回想していくという物語です。

幼少時代のフォレストは、知能指数が低い子供。

背骨もゆがんでいたため、脚装具を付けての生活を送っています。

フォレストの母は、そんな彼を普通の子と同じように育てることを決意。

女で一つで、公立小学校へ入学させます。

フォレストは、母親からの言い付けを守る子でした。

そのため、言い付けと異なる場面では、度々戸惑うこともしばしば。

学校に入学したフォレストは、スクールバスの中で孤立します。

が、ただ一人ジェニーだけは違いました。

フォレストのために隣りに席を空け、自然と仲良くなりました。

フォレストは、いじめの標的になり、追いかけられていたが、ある時、脚装具が無くても、走ることが出来るようになります。

しかも、誰も追いつけないほど俊足を手に入れていました。

そんある日、ジェニーが父親に怒鳴られるところを目撃。

フォレストは、ジェニーの手を取り畑を逃げ回ります。

その後、父親のジェニーに対する虐待が発覚し、父親は逮捕。

ジェニーは親戚に引き取られていきました。

一方、フォレストは、高校生になっても相変わらずいじめの標的。

ひょんなことから、アメフト試合の中に乱入。

その俊足を見込まれ、大学からスカウトされます。

試合では、いつも好成績!ケネディ大統領と面会まで果たしてしまうのでした。

 

その後、大学を卒業したフォレストは、アメリカ陸軍へ。

そこで出会った人物が、ベンジャミン。

彼の家族が海老漁で生計を立てていました。

二人は、意気投合し、親友となります。

軍隊生活は、臨機応変さは必要なく、むしろフォレストに向いていました。

優秀な兵士となったフォレストは、ベトナムに出征することに。

落ちぶれて、ストリップ劇場で働くジェニーに、しばらくのお別れを告げるのでした。

 

ベトナムでは、最後の戦いというときに、尻に被弾してしまい、軍の病院へ。

重症ではなかったため、暇を持て余したフォレストは、卓球を始めます。

すると、ここでも才能が開花。

卓球全米チームに入るために帰国の途へ。

一方、ジェニーはある活動組織に入っていました。

帰国し、自分の気持ちをジェニーに伝えたが、振られてしまうフォレスト。

フォレストは、その後、卓球世界大会に出場したり、ジョンレノンと共演するなど、華々しい活躍ぶりをみせます。

フォレストは、卓球で得た賞金で、ある会社を設立。

今は亡き親友との約束を果たし、エビ漁を始め、ひょんなことから、大きな会社へと成長させました。

フォレストは、大金持ちとなったが、あらゆるところに大金を寄付しました。

私生活はというと、母親はガンで亡くなっていたため、天涯孤独。

ある日、突然ジェニーが家に現れます。

フォレストは、人生に挫折したジェニーを不器用ながらも、愛し続けていたことが、ジェニーやっと伝わり、幸せな生活を送るようになります。

だが、フォレストとの格差を感じたジェニーは、ある日突然失踪してしまいます。

フォレストは、ふたたび失意のどん底へ。

数日たったあと、ジェニーから贈られたナイキのスニーカーを履いて、あてもなく走り出します。

何往復もアメリカ横断を繰り返したフォレストには、多くの人々が追うような存在に。

そして、勝手に平和を願う人と思われ、全米の話題をさらっていきます。

突然、疲れたから家に帰ると走るのをやめたフォレスト。

家に戻ったフォレストには、ジェニーからの手紙が。

実は、ジェニーは、不治の病を患っていたのです。

ジェニーのいるアパートの一室へたどり着いたフォレストが目にしたのは、同じ名前の息子。

ジェニーが他界したあと、息子と生活を送るのでした。

観た人の感想!

[chat face="man1" name="" align="left" style="type1"]最初から最後まで面白い[/chat]

[chat face="man1" name="" align="left" style="type1"]トムの演技はさすが![/chat]

[chat face="man1" name="" align="left" style="type1"]彼女のグズっぷりを受け入れるフォレストが良い[/chat]

[chat face="man1" name="" align="left" style="type1"]この映画を紹介してくれた友人に感謝!観ないと損![/chat]

という好意的な感想が目立ちました。

興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

-映画

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.