イベント・行事

ひな人形(雛人形)いつ飾るって決まりはない?おすすめ日は?嫁に行き遅れるって本当?

更新日:

ひな人形(雛人形)って毎年、いつ飾るのか迷っていませんか?

大切な子供がすくすく成長するための、大切なひな人形(雛人形)ですが、飾る日って決まっているのでしょうか?

どうやら、飾るのにおすすめの日があるようです。

そして、ひな人形(雛人形)を片付けが遅いとお嫁に行き遅れるとよく聞きますが、本当なのでしょうか?

それでは、探ってみたいと思います。

ひな人形(雛人形)の由来は?2つの文化が融合!

ひな祭りが近づくと、ひな人形(雛人形)を飾るようになったのは、いったいいつごろからなのでしょうか?

既に平安時代には、ひな人形(雛人形)の前身にあたる、「ひいな」というお遊びがあったのだとか。

「ひいな」ってとてもかわいい響きですよね。

響きの通り、小さく・可愛いという意味になります。

貴族の中では、男女一対の小さな紙人形を作り、ままごとのようなことを行っていたのだそう。

そこから、食器や道具などが増えていったと言われています。

かの有名な「源氏物語」でも「ひいな」というワードが出てきます。

「ひいな遊び」は子供の遊びであり、その当時は3月3日の桃の節句とは結び付いてはいませんでした。

一方、平安時代では、季節の変わり目に神にお供えをし、平安を祈る信仰がありました。

3月に、紙や、植物で作られた人形で体を撫で汚れをはらい、水に流すという行事があったそうです。

いまだ、地域によっては、その風習が残っているとか。

 

ひな人形(雛人形)は、この行事と融合され現在の形へと進化したと言われています。

江戸時代は、貴族のみならず、一般庶民の間でもひな人形(雛人形)遊びが浸透。

年中行事として3月3日に行うことが定着したのです。

そこから、装飾品などがますます作られるようになっていきました。

ひな人形(雛人形)はいつ飾るって決まりは存在しない?

ひな人形(雛人形)は、いつもいつ飾っていますか?

子供が幼いころは、すべてにおいて慎重に行っていた方も、年数が経ってくるとあまり気にせず飾っているかもしれません。

調べてみたところ、どうやら、ひな人形をいつ飾るのかについて、決まりはないようです。

でも、子供の成長に関わることだし、なんだか不安という方のために、いつ飾るのが良いか、おすすめの日をお伝えしますね。

ひな人形(雛人形)をいつ飾る?おすすめの日は?良縁に恵まれるには?

ひな人形(雛人形)を飾る日には、特に決まりないとお伝えしましたが、色々噂を聞いたりして、不安が拭えないという方もいらっしゃるかもしれません。

では、ひな人形(雛人形)はいつ飾るのがおすすめなのでしょうか。

【おすすめ度 第1位】

立春!

立春とは、節分(2月3日)豆まきの日の翌日、2月4日です。

そこから、大体、2月中旬にかけて飾ると良いと言われています。

節分に、豆まきを行ってスッキリ邪気を払ったところに、ひな人形(雛人形)を飾ってあげるというのは、理にかなっていますよね。

その他の理由としては、3月3日は桃の節句で、春の行事となります。

立春は春の訪れを告げるという意味もありますので、まさにマッチします。

どうしても間に合わない方については、ひな祭りの一週間前には飾っておくようにしましょう。

ひな祭りの前日や当日は、一夜飾りになってしまうので、縁起が悪いようです。

あまり早すぎるのも考えものですが、豆まき後はひな祭り!と覚えておけば間違いなさそうです。

【おすすめ度 第2位】

雨水!

雨水って知っていますか?

という私も、初めて知ったのですが、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つであるものだとか。

雨水は、立春や、春分に並ぶものとなります。

雨水の意味としては、陽気が良くって、雪・氷が溶けて水に、雪は雨に変わるというものです。

昔は、雨水を農作業の準備を始める時期とされてきました。

そして、水というものは、人間にとって必要不可欠な存在。

水の神様である弥都波能売神(みつはのめのかみ)が、豊作をもたらし、子宝や安産にご利益があると言われていることも関係しています。

このような理由で、雨水にひな人形(雛人形)を飾ると、良縁に恵まれる!!と言われるようになったのです。

毎年、2月18日もしくは2月19日が雨水にあたります。

2019年の雨水は2月19日です!

【おすすめ度 第3位】

結局いつでも良い!

先ほどからお伝えしていますが、結局ひな人形(雛人形)をいつ飾るのかという決まりは存在していない説が有力です。

由来からもわかるように、そもそもは子供のお遊びからスタートし、節句行事と合体したものですし。

つまり、子供の健やかな成長を願う気持ちが大切!

ひな人形(雛人形)が子供が大好きで、早く出して見たい!という気持ちがあるようでしたら、その気持ちに寄り添うことの方が、自然かもしれないですよね。

早い方は、年明けから飾ってしまう人もいるのだとか。

片付けが遅れると嫁に行き遅れるって本当?

ひな人形(雛人形)って早く片付けなくっちゃ!って思いこんでいませんか?

我が家は、まさにそう思っていたので、毎年、3月3日の夜には片付けてしまっていました。

何故なら、子供がお嫁にいけなくなったら大変!という想いが強かったのです。

ですが、こちらについても調べてみました。

実は、お嫁に行き遅れるのは、まったくの迷信でした!

今まで何十年も信じてきたのに…まさかの迷信とは驚きです。

では、何故このような迷信が生まれたのでしょうか?

どうやら、片付けをする!というしつけの意味が込められて、お嫁にいけないと言われるようになったのだそう。

一方では、ひな人形(雛人形)を飾り続けると、穢れがついてしまうという説もあります。

どちらにせよ、ひな人形は痛まないように、きちんと片づけた方がよさそうですね。

「うれしいひなまつり」歌詞の意味!姉が関係?作者サトウハチローに驚愕!

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.