イベント・行事

七夕(たなばた)由来!物語を高齢者向けに説明!7月7日に降る雨の名前とは?

更新日:

七夕(たなばは)と言えば、織姫と彦星が年に一度だけ会えるというロマンチックな日!というイメージが強いですよね。

中には、結婚記念日に七夕を選ぶカップルも存在するほとです。

ですが、七夕(たなばた)というのが、れっきとした五節句のうちの一つだということを、知っている方は少ないのではないでしょうか。

そして、高齢者向けのデイサービスなどで働いている方は、七夕(たなばた)の伝説について質問されるかもしれません。

そして、七夕に残念ながら降ってしまう雨に名前がついていることを知っていますか?さらに、前日の雨にも名前があるようです。

ではお伝えします!

七夕(たなばた)の由来とは?お盆と関係していた?

七夕(たなばた)とは、五節句のうちの一つになります。

具体的な日時としては、7月7日の夜です。

かつて、日本では、お盆と関連している行事でしたが、明治改暦のあとに、お盆は8月15日前後となっていき、七夕(たなばた)とは袂を分かつ行事となっていきました。

その影響から、日本各地で行われる七夕祭りは、7月に行われるところと、8月に行われるところが存在しています。

 

七夕といえば、織姫と彦星の伝説が有名です。

この伝説の由来はどこからやってきたのでしょうか?

この伝説の原型となっているのが、大昔に書かれた中国の小説でした。

この小説のとある一節が、現在まで受け継がれているストーリーと同じ形となっています。

では、日本にはいつ頃伝わってきたのでしょうか?

それは、奈良時代には伝わったとされています。

そして、元々存在していた物語「棚機津女」(たなばたつめ)の伝説とミックスされたのでした。

宮中では、七夕を「しちせき」と呼んでいました。

「しちせき」を七夕(たなばた)と呼ばれるようになった理由は、織女の伝説が元となっていると言われています。

七夕(たなばた)の伝説を高齢者向けに説明するには!

高齢者の中には、今さら七夕(たなばた)なんて…という方もいるかもしれません。

ですが、出来るだけ多くの方にイベントを楽しんでもらいたいですよね。

それでは、七夕(たなばた)の伝説について紐解いていきたいと思います。

七夕の伝説は、中国で生まれました。

天の命令により、離れ離れになった夫婦、織姫と彦星。

年に一度、7月7日だけ会うことが出来るという話は有名です。

元々、織姫と彦星は真面目な人物でしたが、二人が出会ったことで、遊び暮らすようになります。

見かねた天の神様が、二人を天の川を隔て、東と西へ引き離したという話してしまいます。

離れ離れになった二人が、あまりにも泣き暮らすので、年に一度の7月7日だけ会うことが許されたというのが概略です。

【織姫はこんな人だった】

天の神様の娘であった、織姫。

美しいはたを織ることで有名でした。

神様の自慢の娘でもあったのですが、身なりも構わず毎日一心にはたを織る娘をかわいそうに思い、婿探しを始めたのでした。

【彦星はこんな人だった】

神様は、ひたすら牛の世話に明け暮れる、真面目な若者に目を付けました。

そして、織姫を幸せにしてくれるだろうという思いから、二人を引き合わせます。

作戦は成功したかに思えました。

二人は仲が良すぎるほど、固い絆で結ばれました。

ところが、神様の思惑とは裏腹に、二人は今までの謙虚で真面目な生活から一変。

楽しさを追求するようになってしまったのです。

仕事をさぼり、機織りも辞めてしまい、牛はやせこけ、天の服も不足します。

神様から注意を受けているにも関わらず、働くことはありませんでした。

【自分で仕向けたのに神様の怒りが爆発】

神様と言えども、予想がつかないこともあったようです。

そして、我慢の限界を超えてしまい怒り大爆発!

そもそも自分で仕掛けた結婚にも関わらず、二人を引き離したのです。

ですが、二人は悲しみのあまり、働くこともできません。

神様の思惑は外れるばかり…。

困った神様は、毎日真面目に働くなら、7月7日だけは会うことを許す!と約束します。

やっと、二人は働くように。

 

個人的な感想としては、少し厳しすぎるという感じがします。

もう少し臨機応変に対応すべきではなかったのでしょうか…神様。

その辺りも、高齢者たちとディスカッションすると、盛り上がるかもしれませんね。

7月7日降る雨の名前とは?

7月7日って、天の川がスッキリ見えたこと少ないような気がします。

地域にもよるでしょうが。

7月7日に降る雨には名前があることを知っていますか?

催涙雨です。

年に1度のチャンスなのに、雨により会えない二人が流す涙という説が有力です。

天の川は雨により渡ることは出来なかったのですが、カササギの群れが助けてくれて、無事に再会できたという話も残っています。

因みに、7月7日の前日の、7月6日に降る雨にも名前が!

洗車雨です。

これは、彦星が牛車を洗っている水だと言われています。

 

雨にも名前がついていたとは、驚きですね!

高齢者向けにもおすすめの話題になりそうです。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.