旅行

【旅行前に読んで欲しい-熱海編-】意外と知らない熱海私的オススメスポットをご紹介【前編】

更新日:

長期休み入ったから、どこか国内旅行行こうってなったとしても、長期休暇前の仕事の追い上げなんかで疲れていたりして・・・。

「近場がいいな。」

「んじゃ、【熱海】か箱根だなー。」

っていう会話になりませんか?

私の場合、熱海に偶然知り合いのホテルがあって、格安で泊まれるという事で友人と熱海へ行くことになったのがキッカケなんですが。

この記事書いておいて言うのもあれなんですが、人生初の熱海旅行なんですよ。

あんまりにも周りの人が、熱海は温泉しかないと言うので、なかなか行かず終いで現在に至りました。

行くならとことん楽しみたいよなとやる気になった私は、友人とスタバで6時間くらいかけてプランを練り。(旅行プラン考えるの好きなんです)

調べながら、「言われていたよりも結構あんじゃん!」と驚きの連続でした。

因みに参考にした雑誌は有名な【るるぶトラベル】。

雑誌見ながら、とりあえず【温泉】【旨い飯】はマストだなと。THE普通。

そんな中で、「あ、何か釣りしたいし、何なら釣った魚捌いてくれて、ついでに料理仕手くれるところ無いかな。」という私の発言で探した結果、【海上釣り堀】なるもの発見。

テレビで特番組まれるくらい有名だったので、とりあえずそこに予約。

今回はお酒もバンバン飲みたかったので、交通手段は【電車・徒歩・バス】を駆使する。

そんな感じで、どの順番で回るのが最速か地図で計算してできたのが、以下のプラン↓

~1泊2日 熱海旅行プラン~

熱海までの交通手段

東京駅→熱海駅(JR東海道本線・熱海行 )
乗車時間は約2時間
金額は片道1,944円

熱海駅には【朝9時】到着予定。

<1日目>
リゾーピア熱海 荷物置く
起雲閣
昼飯
創作工房アトリエラウト
リゾーピア熱海 チェックイン
夕飯クレイジーキッチンQ

<2日目>
リゾーピア熱海 チェックアウト
海上釣り堀 太公望 兼 昼飯
温泉
熱海花火大会(偶然被っていたのでラッキー)
東京に帰る

結構詰め込んだ予定にしまして、いや1日目大丈夫かwみたいな話になったのですが、これだけ回って予算は【¥30,000】以内。

事前に予約した場所は以下の通り↓

リゾーピア熱海→リゾーピア熱海 公式HP
海上釣り堀 太公望→海上釣り堀 太公望 公式HP
※海上釣り堀 太公望はじゃらんnet(じゃらんnet公式HP)で予約したほうがお得。
創作工房アトリエラウト→創作工房アトリエラウト 公式HP

いやーもうこれは完璧だなと、友人と二人で自画自賛しながら当日を迎えました。

※想定よりも長い記事になってしまい、前編を1日目、後編を2日目にしております。
読み終わる時間としては7分はかかるので、目次を利用して目的の部分読んで頂くのもお勧めです!

熱海旅行 1日目

電車に揺られること約2時間。

熱海は海沿いだし、魚も釣るし、という事で極寒を想定して私は上着を二枚羽織ってきた。(普段薄着なので分厚いのが無い)

朝飯を食べ損ねた私は、駅弁を我慢しつつ空腹の状態で人生初の熱海に到着しました。


熱海駅はきれいですね!さすが観光地だけあります。
外には大量のロッカーもありましたし、駅内に併設のデパートもあるので便利。

早速お腹が空いたので、現地のものをパクつこうと捜索。

近くに【平和通り商店街】を見つけたので早速中に入るものの、実はこの時点で熱海到着が早すぎて、まだ8時台・・・殆ど店が空いていない(笑)
熱海駅で何か散策するのであれば、10時~がお勧めですよ。

何とか9時になって、食べたのが【まる天】の【チーズ棒】。

特製のさつま揚げの中にチーズが入っててめっちゃ美味しい~。テレビの取材も頻繁に来る人気店ですよ。

【まる天】の店舗情報→まる天 食べログ

ホテル リゾーピア熱海へ

お腹も満たされたところで、今回格安で泊まるホテルへレッツGO!

因みに今回泊まるのは【リゾーピア熱海】さん。
【リゾーピア熱海】さんの詳細情報→リゾーピア熱海 公式HP

全室オーシャンビューというスケールの良いホテルで、1泊大人1名約14,800~です。

なんですが、私の場合は優待券でそれよりも安く泊まれました。

土地勘もないので、海を目指して取り合えず歩いていく。

徒歩7分圏内のはずが、なかなか着かないし、なんか道危ないし。

そんな感じで歩いていると・・・。

え、なにこれ怖い(笑)

いかにも何か出そうなトンネルに若干興奮気味の我々は、「本当にこの先にあるのか?」と文句を言いながら出てみると。

き、きれい( ^ω^)

我々は熱海に歓迎されている・・・。と呟きながらリゾーピア熱海を発見。

海に面するようにそびえ立つ迫力は凄いです。

※何故か外観写真全く撮り忘れていました。ごめんなさい。

出迎えて頂いたホテルマンに荷物を渡して重さに開放された私たちは、まるで10代のようにはしゃぎながら外へ繰り出していった。

観光施設 起雲閣(きうんかく)へ

そしてまず目的である【起雲閣(きうんかく)】を目指してホテルの送迎車で熱海駅に戻り、伊豆箱根循環バス(熱海駅-清水町)で【起雲閣前駅】に降車。

降りるとすぐ目の前に荘厳な門が現れた。

起雲閣さんは、大正~昭和浪漫の建築様式のお屋敷で、旅館として活用されていました。

歴史的著名人が何人も宿泊していたそうで、【芥川龍之介】【太宰治】等の超絶文豪が来ていた。

入場料は大人510円と非常に親切なお値段。

館内を歩きながら、「やばい、文豪と同じ床を踏みしめてる」なんていう小学生みたいな発言をこそこそしながらスリッパに履き替えて歩く。

ローマ・イギリスなどの建築様式を取り入れた館内は、観ていて飽きない。

感心しながら歩いていると、日本庭園が見られる座敷に移動した矢先。

「お履き物をお脱ぎください!!!!」

スタッフさんの怒号に「え!?え!?」と動揺していると、友人が気づき「スリッパで上がるなって書いてあったじゃんか・・・。」と一言。

本当にごめんなさい。注意書きが見えていませんでした。
スリッパを脱いで上がるところもあります。畳の部屋は要注意。

若干しょぼくれながら、館内を堪能。

↑美しい日本庭園

↑館内に併設されている浪漫み溢れる喫茶店

↑本物の抹茶が飲みたいと駄々こねて食べたもの。あんころ餅美味しかった。
1000円くらいだったかな。

何故かこの喫茶店のお母さんに、私のダメージジーンズの穴をボールペンで突撃された。
「私すぐ絡みたくなっちゃうのよ~w」と言っていた、お茶目な良い人だったなぁ。

↑こちらも併設されていたちりめん教室の体験で作ったもの。
価格は確か700円

画像左が友人、右が私。異様に【彫が深いウサギ】になったのは先生が目玉の糸を引っ張り過ぎたからだ。私のせいではない。

意外と館内は小さく、ちりめん体験も含めて1時間程で制覇してしまった。
いや、少しハイペース過ぎたな。

行った時期がオフシーズン(12月)だったから良かったのか、とても空いていてゆっくり見ることが出来た。

そんな素敵な【起雲閣】の詳細情報はこちら→起雲閣 じゃらんnet

昼食タイム

熱海駅~来宮駅間付近に戻ってきた我々はさっそく目を付けていた【和菜 蓬(よもぎ)】へ。

熱海のお勧めランチを探していたら、誰もが美味しい美味しいというのでウキウキ。

お高めのお店で、ランチでも3000円とか。

だがしかし、今回の旅行のテーマ【うまいものを食べる!】をモットーに食にはお金を惜しまないつもりでした。

しかし

「ごめんなさいね~予約限定なんですよ~」

・・・!?

我々のテンションはがた落ち。
調べておいて何でこの情報が出てこなかったんだ(笑)※普通に書いてあります。

ということで、【和菜 蓬(よもぎ)】さんへお越しの際はランチでも要予約です!!

【和菜 蓬(よもぎ)】の店舗詳細はこちら→和菜 蓬 公式HP

気を取り直して、約1時間かけて昼飯探し。
結構どこのお店も混んでいて、タイミングよく入れたのが【山洋水産】

店内は良き昭和の雰囲気を残していて、常連客で賑わっていました。

我々は歩きながら「海鮮丼一択だな」と決めていたので、迷わず【大将のお任せ丼】を頼むことに。

蓬の件で、下がっていたテンションを払拭してくれたのはこの海鮮丼!!

なにこれ!!おさかなさんでご飯がみえないよ!!↑↑

この日乗っていたものは、金目タイ、ハマチ、カンパチ、中トロ、マグロ、ウニ、イクラ、タコ、ブリ、生エビ・・・いやーー美味しかった。

しかもご飯は酢飯じゃなくて、ほかほか白飯にあおさのりがふんだんに置かれていてそれがまた最高だった。お味噌汁もついていて確か、1,800円かな。東京なら3000円行きそう。

どれも新鮮で滅茶苦茶美味しかった。満足満足。
散々歩いて喉がカラカラだったので、混んでる最中7~8杯くらいお茶をお替りした我々は迷惑な客だっただろう。

海鮮丼が美味しい【山洋水産】の店舗情報はこちら→三洋水産 食べログ


 

クラフト体験 創作工房アトリエラウト

ここに来て14時30分から予約していた、【シルバーアクセ作り】が何気に迫っていた。さっきの秘宝館と昼食探しで思いの外、ロスしていたようだ。

若干小走り気味にたどり着いたのですが、何か様子がおかしい。
シルバーアクセなど何一つ書いて無く、ダイビングとか書いてある。
住所は・・・、メールで来てたこれであってるはずなのに↓

もう時間が来てしまったので、連絡してみることに。
すると。

「あーらーそっち行っちゃったのね!そっちは本社の事務所なのよ~」

うそだろ。^^;

とりあえず遅れても大丈夫とのお言葉を頂き、正しい方へ向かう我々。
アトリエラウトで調べると二つ住所が出てきますからね!!

正しくはこっちです↓

5】

15分くらい離れていてさすがに笑った。

気を取り直して。

創作工房アトリエラウトでは、シルバーの他に、グラスアート・サンドブラスト・ステンドグラスが体験できます!

シルバーアクセサリーの中でも、ドックタグ、指輪、キーホルダーなどから選ぶことが出来、お値段は3,780円

ここのお店の作り方は面白いことに、シルバーの特殊な粘土を慎重に引き延ばして、それを輪の形で接合させて作ります。

不器用な我々は何故作ろうと思ったのか、先生にやさしく指摘されまくりながら作っていく。
因みに3時間以上かかると追加料金がかかると言われ、「そんなすぐ終わるだろ~」と思っていたが甘かった。

ほぼほぼ3時間使い切る形で、ようやく出来上がったのがこちら!

ペアリングか(笑)
偶然にもデザインが近くなってしまい、ペアリングみたいに。やばい。

ひとまず先生のおかげで満足いく形に仕上がり一安心。

創作工房アトリエラウトの良いところは、作ったその日に持って帰れることです!

後日郵送とか、時間つぶしてて~みたいなことにならないのでとてもいい。

創作工房アトリエラウトの詳細情報はこちら→創作工房アトリエラウト 公式HP

ホテルに帰還~夜ご飯タイム

最初の予定と大幅にずれ込んだが、19時頃にようやくリゾーピア熱海へチェックイン。

因みに今回は、優待券持っている人限定の【素泊まり】を選んだので、夕食は外で食べる予定。

足も腕もメンタルもくたくたに疲れた我々は、ホテル内に入って休憩モード。

用意された部屋に向かうと・・・。

え、すっごいキレイ!!

友人は「マジキレイ!!」とテンションMAXに言いつつ早速ベットへダイブしそうになったので、私は友人を静止させ。

「だめだ、今ベットに入ったら完全に落ちる。先に片づけをしなさい。」

と、友達に居たらかなり面倒なやつと思われる発言をし、大人しく身支度をし始める我々。

↑実はこっそり作っていた自作のパンフレット お互いに似顔絵を描いてるんだけど酷過ぎるので隠す。
しかも釣りの場面を想定して描いててテーマ被り。

そう、寝ている場合じゃない。
酒飲みの我々が楽しみにしている夕食が待っている!

疲れを癒すために、リゾーピア熱海の名物【大浴場】で至福の時を過ごす。

そしてついに楽しみにしていた酒飲みタイム夕食タイムへ繰り出す!!

深夜2時まで空いているお洒落な居酒屋を探して目を付けていたのは、【The CrazyKitchenQ(ザ クレイジーキッチンキュー)】。

歩くのが大好きなのか不明な我々は、「ホテルから18分くらいなら歩けるよね」としてバス無くなる時間まで飲むと決めていた。

観光地特有の街頭が少ない事を予想して、懐中電灯を持ちながら歩き始める。
歩きながら、もし絡まれたらこうやって逃げる、とくだらないことを言いながらようやくたどり着く。

「いらっしゃい~」と出迎えてくれたお洒落なお兄さんとお姉さん。
こんな時間(10時頃)からくる人がいないのか、客は我々二人だけ。

防寒対策をしっかりしていたので気づかなかったが、相当外が極寒だったらしく、店内が無茶苦茶暑い!

イソイソと上着2枚とカーディガン1枚脱いだところでお兄さんに「てか着過ぎじゃない?(笑)」と突っ込まれた。やばい、早々に変人扱いされる。

どれもこれも美味しそうだったので、気を取り直してさっそく注文!

↑オススメと言われたカクテルをまず注文。うまし。

↑明太子のアヒージョがあり得ないくらい美味しい!!
東京のたらことは違うな~プチプチでめっちゃうまい。

・・・と、写真はここで終わっている。

いや、ホラーでもなんでもなく、飲み食いに夢中になり過ぎた我々は殆ど写真を撮らずにどんちゃん騒ぎして、最後記憶が曖昧になりながら店を後にした。

ちゃんとお金を払ったのか不安なくらいに酔ってしまった。

多分食べたのは・・・、豚キムチ炒め、魚介のカルパッチョ、フレッシュトマトとモッツァレラ、カニチャーハン、かな!!どれも美味しかった印象は残ってます。

アルコールも地酒、チューハイ、ウイスキー、ワイン、果実酒、カクテル、日本酒、なんでもあり!カクテルはリキュールとアルコールの種類を選んで自分好みにできるスタイルでなかなか美味しかった。

最高の夜をありがとうございました!

The CrazyKitchenQ(ザ クレイジーキッチンキュー)の店舗詳細はこちら→The CrazyKitchenQ 食べログ

こうして1日目の観光は無事に終了。

ベロベロに酔って、懐中電灯つけて無事にホテルへ帰宅した我々は、あろうことか近くのコンビニで(ホテルから徒歩6分にあって便利!)酒を買い、おつまみ買って帰ってくるという始末。

youtubeでホラー系鑑賞(友人がビビりなので楽しい)し、酒を煽り、寝落ちして夜が明けました。起きたら何故かベットに寝てたんだけどね。

長らくお付き合い頂きありがとうございました。

想定よりも長くなってしまい、申し訳ない。

あまりにも長いので、前編と2日目は後編で分けました。

良かったら見てください!それでは後編でまたお会いしましょう^^

後編はこちら→意外と知らない熱海オススメスポットに行ってきた話【後編】

-旅行

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.