旅行

【海外のような国内旅行-イギリス編-】福島のブリティッシュヒルズホテルが本格的!

投稿日:

イギリスって一度でいいから行ってみたい国に入りますよね。

でもイギリスへのフライトはロンドンだったとして、往復10万かかりますし・・・。

何と言っても片道16時間ので、日本はイギリスより9時間進んでるので、帰りは16時間+9時間分経っています。いやー海外旅行って大変だな。

イギリス大好きな筆者が、【日本にイギリスっぽいところないかな】って探していたところ、【福島県】にある【ブリティッシュヒルズホテル】というとても素敵なホテルを見つけました。

パスポートのいらない英国と称される完成度

まずはこのホテルの外観をご覧ください。

 

View this post on Instagram

 

丸いヤツさん(@narisawa_little0310)がシェアした投稿 -

これホテルなんですよ!某夢の国に出てきそうなホテルは圧巻。
中世英国貴族の屋敷を完全再現しているこの屋敷調のホテル。

ブリティッシュガーデンさながらの庭もとても豪華。

 

View this post on Instagram

 

British Hills ブリティッシュヒルズさん(@british_hills_japan)がシェアした投稿 -

この周辺を散歩しているだけで、まるでイギリスに来たような錯覚になること間違いありません。

勿論外観だけでなく、内装も英国屋敷そのもの!

 

View this post on Instagram

 

British Hills ブリティッシュヒルズさん(@british_hills_japan)がシェアした投稿 -

 

View this post on Instagram

 

British Hills ブリティッシュヒルズさん(@british_hills_japan)がシェアした投稿 -

凄く豪華で息をのむ光景です。
ブリティッシュヒルズのホテル内で使用されている家具は、全て本物の英国アンティーク家具を使用しており、とても貴重なものばかりです。

館内は撮影許可が下りているところであれば、自由に撮って大丈夫です。

また、屋敷だけでなくこの福島県の岩瀬群という地域は、イギリスのウェールズ地方という気候と非常によく似ているそうで、夏でも涼しくて大変過ごしやすいですよ。

夜になると、真夏でも長袖とコートを羽織らないと寒すぎてやばいです(笑)

このホテルの完成度は、ここだけでなく・・・。

ホテルマン含めた従業員の常用語がみんな英語!?

このホテルに来てまず驚くのが・・・。

「halo!!Welcome to britishhills!!」

ホテルマンたちの第一声がこれです・・・!まじか(笑)

Thank you for coming all this way…遠いところから来てくれてありがとうのようなことを投げかけながら、ホテル内へ案内されると本当に海外にきたような感覚になります。

そこまで英語会話になれている訳でもないので、日本だというのにこの恐怖(笑)

でも大丈夫!英語と日本語どっちで話しますか?と聞いてくれる

ブリティッシュヒルズ行きたいけど、英語だけの環境で過ごすのはさすがにしんどいという場合ももちろん日本語で対応してくださいます。

ただし、日本語を話せる従業員とそうでない従業員がいます。

海外国籍の従業員には日本語が通用しない場合もあるので気を付けましょう。

充実したカルチャースクールと美味しいディナー

ブリティッシュヒルズは山の中にあるため、ホテル内でほとんど遊ぶことになります。

その為、英会話を学びながら楽しく受けられるカルチャースクールが毎日開催されています!

イギリス文化に興味がある私にとってこれほどうれしいことはありません!!(^^)


これら全て、英語で説明をされます。
もちろん質問も英語で返さなければいけません。

【ブリティッシュクラフト】では、サンドブラストやコップにステンドグラスアートを施したりと、割とどこの旅行先でも体験できるクラフト系です。

ですが、全て英語で行われるとなると、また一味違う楽しさがありますよ。

【カリグラフィー】はよく耳にするかと思いますが、これはイギリス発祥で講師の方によると、「イギリス版の習字」と仰っておりました。

デザイン性に優れた文字なので、習得すれば素敵な手紙が書けるようになります。

【スヌーカー】というのは、ビリヤードと似たようなボードゲームです。
こちらのルール説明も全て英語で行われるので、結構難易度が高いと思います。

私は一番初めに参加したのは【クッキング】で、イギリス家庭のお菓子「ショートブレッド」作りを体験しました!

これはわかりやすいので、一番参加するのに丁度いいと思います♪

ついつい日本語で話しそうになると、講師の方から面白ーく注意されるのでお気を付けください(笑)

ディナーはこんな素敵な食堂で


丁度この画像では、結婚式が行われており、装飾がとても豪華になっていますが普段はこの広い食堂で食事ができます。

ハリーポッターのファンであれば、あの食堂を彷彿とさせますよね?^^

ディナーはバイキング式とコースを選べるのですが、コースを選択すると料理の説明を英語で案内するか、日本語で案内するか聞かれます。

コース料理の内容は、イギリス料理と福島県で採れる食材をふんだんに使って、日本人好みの味に仕上がっています。

そのお味はかなり洗練されていて、とても美味しいです。


季節ごとのイベントも盛り沢山!!

とくに、ハロウィーンやクリスマスイベントはとても盛り上がり、その時にしか体験出来ないイベントや、食事など、海外ならではの盛り上がりに参加できます!

その為、かなり人気で予約が取りずらいのが難点・・・。

ハロウィーンは従業員もマジ本気


ハロウィーンイベントの参加者注意書きには「本気で脅かしにいくので覚悟してください」など書かれており、みんなノリノリです(笑)


魔女の料理そのもの!!食べ物も本格的過ぎます(笑)

クリスマスは英国そのもの


とっても寒いけど、クリスマスはあっという間に予約が埋まってしまいますし、料理も豪華でとても盛り上がりますよとスタッフの方も教えてくださいました。

一度でいいから、クリスマスシーズン行ってみたいです・・・^^


 

いかがでしたでしょうか?

海外に行った気分になれる場所はまだまだあるので、随時ご紹介出来たらと思います♪

また、ブリティッシュヒルズには宿泊プランに英語養成コースもあり、講師が旅行中に食事まで一緒に付いて行きながら英語漬けの日々を送れるというものすごいプランもあります(笑)

ただし、全くできないと結構辛いと思うので、ある程度単語でも覚えていくと良いと思います!

最後にブリティッシュヒルズのアクセス情報はこちらです↓

福島県の新白河駅から車で40分程かけてホテルに向かいます。
タクシーですとかなり高額になりますので、あらかじめ送迎バスを予約していくのがオススメです!!

<送迎バス>

新白河駅西口(高原口)ロータリーから送迎バス

完全予約制
フリーダイヤル0120-131-386(9:30~18:00 受付)
※利用予定日の前日17:00 までに予約必須
※無料

<タクシー>

新白河駅からブリティッシュヒルズまで
乗車時間およそ40分
料金は片道¥8,000~12,000

〒962-0622
福島県岩瀬郡天栄村大字田良尾字芝草1-8
[受付時間 9:30~18:00]
フリーダイヤル:0120-131-386
TEL:0248-85-1313 FAX:0248-85-1300

公式サイトはこちら→ブリティッシュヒルズ公式サイト

-旅行

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.