映画

「エイリアン」映画シリーズを時系列で順番にまとめてみた!幻のエイリアン5とは?

更新日:

エイリアン映画シリーズといえば、シガニ―ウィーバーさんの迫真演技が際立ったリプリーではないでしょうか?

エイリアン映画シリーズをまだ全部観ていないという方のために、時系列で順番にまとめてみました。

どうやら、公開した順番と、映画の中身の順番は全くことなるようです。

そして、幻のエイリアン5について簡単にお伝えしたいと思います。

映画「エイリアン」とは?

映画「エイリアン」は、大型宇宙船の薄暗い閉鎖空間が舞台。

ジャンルとしては、SFホラーです。

大型宇宙船に入り込んでしまったエイリアンに乗組員が、次々襲われるというもの。

 

エイリアンという言葉のそもそもの意味を知っている方は少ないのではないでしょうか?

エイリアン(Alien)とは、もともと(外国人)という意味です。

それが、映画「エイリアン」が公開され大ヒットを記録。

その辺りから、エイリアン=攻撃的な異星人という意味合いが強くなっていきました。

エイリアンとは、もちろん架空の生物です。

 

映画「エイリアン」シリーズのあらすじは?

時は、2122年。

乗組員7名を乗せた宇宙船は、恒星系で採掘した鉱石を積載し、地球へ帰還するところでした。

地球へ到着間近と思われた矢先、知的生命体と思わしき信号をキャッチ。

発信源である天体に針路が変更されてたことが発覚。

困惑する乗組員ではあったか、会社との雇用契約には、知的生命体とのコンタクトについては、調査するよう命ぜられていたため、やむなく発信源である小惑星に行くことに。

その惑星には、謎の宇宙船と宇宙人の化石が存在していた。その宇宙船の船底に穴を発見。

調査を進めると、無数の卵がある空間へたどり着きます。

乗組員の一人が卵に近づくと予期せぬ事態が…

そして、母船に残って信号の解析を進めていた航海士(リプリー)は、遭難信号ではなく、何らかの警告信号であったことを知ります。

なんとか小惑星を離脱した宇宙船だったが、地球までは10カ月もかかるのでした。

そんな中、乗組員に寄生していたエイリアンが、牙をむき始めます。

脱皮を繰り返し、みるみる大きくなっていくエイリアン。

そして、知的能力の高さに乗組員たちは次第に追い込まれていきます。

一人残されたリプリーは脱出船に命からがら乗り込みます。

母船を大爆発させ全て終わったかのような結末でした。

「エイリアン」映画シリーズを公開の順番にまとめてみた!

「エイリアン」映画シリーズを全部チェックしておきたいという方のために、時系列で順番にお伝えしていきたいと思います。

第1作 「エイリアン」1979年公開

第2作 「エイリアン2」 1986年公開

第3作 「エイリアン3」 1992年公開

第4作 「エイリアン4」 1998年公開

第5作 「エイリアンVSプレデター」 2004年公開

第6作 「AVP2エイリアンズVSプレデター」 2007年公開

第7作 「プロメテウス」 2012年公開

第8作 「エイリアン:コヴェナント」 2017年公開

となっています。

「エイリアン:コヴェナント」については、続編が期待されています。

「エイリアン」映画シリーズを全部チェックしておくと、より理解が深まるかもしれません。

「エイリアン」映画シリーズを時系列でまとめてみる!

ですが、この「エイリアン」映画シリーズは時代背景は公開順とは異なるようです。

そのため混乱してしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、時代順に並べ替えてみました。

  1. 「エイリアンVSプレデター」2004年の設定
  2. 「AVP2エイリアンズVSプレデター」2004年の設定
  3. 「プロメテウス」2089年~2093年の設定
  4. 「エイリアン:コヴェナント」2104年の設定
  5. 「エイリアン」2122年の設定
  6. 「エイリアン2」2159年~2179年の設定
  7. 「エイリアン3」2270年の設定
  8. 「エイリアン4」2470年の設定

という流れです。

公開した順番とは全然違いますね。これは混乱を来たしても仕方ありません。

幻のエイリアン5とは?

実は、「エイリアン」映画シリーズには、エイリアン5の話が持ち上がっていたようです。

ですが、何故お蔵入りとなってしまったのでしょうか?

そもそもの始まりは、2015年。

SNSにて、エイリアンシリーズの大ファンだという監督が、「エイリアン5」の構想図を発表し、実際に映画会社と企画を進めていたのだそう。

ですが、「エイリアン」の生みの親である、リドリー・スコット監督によれば、もともと脚本もなく、プロデューサーとして参加予定だったが、話が発展することはなかったとコメント。

「エイリアン5」はジェームズキャメロン監督がメガホンを取っていた、「エイリアン2」の続編という位置づけだったのだとか。

そして、「エイリアン3」や「エイリアン4」は存在しないとして「エイリアン5」を作る予定だったようです。

ですが、映画会社のほうで、「エイリアン」の前の時代の話である、「プロメテウス」の続編である「エイリアン コヴェナント」を優先させます。

リドリースコット監督も、「エイリアン コヴェナント」の続編を複数企画中であったことから、「エイリアン5」の製作をあきらめざるを得なかくなったのだとか。

どうやら、エイリアンシリーズは、複雑怪奇な時系列になってしまっている模様ですね。

「エイリアン5」がもし公開されていたら、論争が巻き起こっていたかもしれません。

-映画

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.