芸能人

林家ペー・パー子の本業は何?なぜ芸能人の写真を撮る?経歴や写真データ紛失事件まとめ!

投稿日:

ピンクのド派手な衣装に身を包み、遭遇した芸能人と写真を撮る、そしてさんま並みに有名な特徴的な笑い声をもつことで有名な【林家ぺー・パー子夫妻】

5月12日日曜日に放送される日テレ系列の番組では、彼らのスター達をスナップした秘蔵写真が公開されることで、彼らの経歴やそもそも何故写真を撮るのか、なぜピンクなのかということに疑問を持った方も多いはず!(筆者もその一人)

今回は、意外過ぎる経歴やまさかの写真データ紛失事件などについてまとめたいと思います!

林家ペー・パー子のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

まみさん(@egacham)がシェアした投稿 -

<林家ペー>

本名:佐藤 嘉彦
生年月日:1941年11月29日
年齢:77歳
出身地:大阪府大阪市浪速区
最終学歴:浪速高等学校
師匠:初代 林家三平
コンビ名:林家ペー・パー子
相方:林家パー子
芸風:漫談
事務所:P&P企画
活動時期:1964年 -
配偶者 妻(林家パー子)

<パー子>

本名:佐藤 粋子
生年月日:1948年8月13日
年齢:70歳
出身地:東京都
師匠:初代 林家三平
コンビ名:林家ペー・パー子
相方:林家ペー
芸風:漫談
事務所:P&P企画
活動時期:1968年 -
配偶者 林家ペー(夫)

彼らの本名は佐藤さんという日本一多い苗字というのがまた意外です。

そして二人の現在の職業は漫才師、写真家、タレント、コーディネーター(パー子)です。

趣味と思われていた写真は、プロの写真家として認められているようですね。

また、彼らは正真正銘の夫婦で、夫婦で漫才師として活躍しています。

林家ペー・パー子の出会いや写真撮影のきっかけ

林家ぺーは、上京後に初代林家三平に入門したことがきっかけで漫談の道を歩みます。

当時大人気漫談師であった、林家三平の弟子として何故入門できたのかというと、思いついたギャグ(ダジャレなど)を何度も三平宛に手紙を送り続けたそうです。

パー子との出会いは落語がきっかけです。

パー子はもともと女流落語家として活動していた時期があったそうで、のちに兄弟子であるペーと知り合い1972年、結婚に至ったとか。

夫妻での活躍が広がっていくと、「ペー・パー夫妻」と呼ばれるようになったため、結婚披露宴の際、引き出物はトイレットペーパーだったという実話も残っています。

芸能人たちの写真撮影のきっかけ

はっきりとしたことはわかりませんでしたが、1989年に放送されていた、『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ』という大人気番組で、林家ペーば何故か本番中にカメラで撮影し続けるというキャラクター枠だった。

犬猿されているわけでもなく、現場ロケを行う際にはカメラマンとして撮影を行い、その写真が当番組のエンディングで使用されるなど、プロのカメラマンばりに撮影していたそうです。

そしてカメラマンとしての能力を褒められたきっかけがあり、『人気者でいこう!』の人気コーナーだった「芸能人格付けチェック」の2択問題で枚2組のパー子の写真を出演者に見せてプロ写真家が撮影した2枚とペーが撮影した2枚を当てさせる問題という面白い企画がありました。

ペーが撮影した写真には独特の温かみがあり、参加したプロ写真家の加納典明はプロとしての撮り方を解説した後、「(写真の勝負としては)面白かったけどね」と感心した様子で語ったとされていて、そのことがきっかけで写真を撮るようになったのではないか・・・?という解釈をした筆者の憶測です。

現在のように、出会ったスターと写真撮影するようになったのは、ぺー子が大ファンだという郷ひろみが最初だそうです!

現在では撮影しては、大きな写真として現像して本人に配ったりなどたくさんの人たちを撮影していき、写真集まで出すなど相当数作品を残しています。

林家ペーまさかの失態!写真データを二度消失している

林家ペーの写真データ紛失事件は記憶に残っている人も多いのではないでしょうか!

私も小さい頃このようなニュースがあったのを覚えており、2006年10月25日、荒川の土手を散歩中に、画像約900枚が入ったデジタルカメラを紛失するという報道が流れました。

当時は大事な芸能人の写真が入っているので、絶対に誰かが持ち去ったと騒いでいたような記憶があります。

翌年の2007年11月28日放送の『トリビアの泉スペシャル』で大捜索が行われていたらしいのですが、やはり発見することは出来なかったそうです。

そして二回目は、2015年の1月!

今回は、自分自身で1698枚の写真データを消してしまうというミス。

あまりにもデジタルカメラのメモリが多くなり過ぎた為、一枚一枚消すつもりが、全削除してしまうという失態を犯してしまいます。

“撮影画像がありません”が表示されたカメラの写真を添えての会見をしたペーは「いゃ~一瞬にして1698枚がパー子?! 失礼パー!」と冗談を飛ばしながら嘆いたそうで、消えてしまったと思われる2014年12月25日から、2016年1月20日までの被写体の関係各位に謝罪もしていて、「これを機会に今後寝起きにはカメラをいじらないよう努力致します」と誓いを立てたんだとか。

たくさん撮った作品が消えてしまうのは実にかなしいですし、自業自得とはいえ何だかかわいそうですね。

今ではドロップボックスなどクラウドのデータ保存機能なども充実しているので、やり方がわかる彼らの身近な人たちはぜひ教えてあげて欲しいものです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-芸能人

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.