今話題

中村幸也(なかむらゆきや)は情報商材屋?ユーチューバーゆたぼんの父親

更新日:

少年革命家ゆたぼんが話題になっています。

『不登校は不幸じゃない』

というメッセージを掲げ、「ハイサイまいど!」と始まる楽しい動画を提供しています。

ゆたぼんが小学校に通わなくなったのは小学校3年生の時で、宿題を拒否したところ放課後や休み時間にさせられ不満に感じたそうです。

yahooニュースでは、父親の幸也さん(39)の事が名前だけ書かれていましたが、

10歳でいじめ以外の理由で不登校を容認する父親について、『どんな人なんだろう?』という気持ちになるかと思います。

 

調べてみたところ、ゆたぼんの父親、中村幸也さんは心理カウンセラーとして活動しているようでした。

この記事では、中村幸也さんについてご紹介します。

 

中村幸也さんの経歴とプロフィール

中村幸也さんは5児のパパで2018年6月に家族で沖縄に移住されました。

ハート出版より『あきらめる勇気』という自己啓発の本を出版しています。

出版時の略歴によると、

・大阪府茨木市
・中卒
・元暴走族
・禁煙カウンセラー

でして、中学時代はかなりのワルだったんだとか。盗んだバイクで学校のグラウンドを走り回ったり、タバコを吸って堂々と廊下を歩いていたそうです。

中学卒業後は就職をしますが、3か月で辞める。その後20回以上の転職を繰り返して、暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc

などなど悪い事は一通り手を出してきているようですね・・・。

 

この経歴をネットの方々が見たら、ゆたぼんも不登校になっている事から「社会不適応」といった具合で炎上しそうな気がします。

個人的には社会に適合できないという事で、心理カウンセラーやユーチューバーなどの社会になじめなくてもできる仕事をしている部分に関しては尊敬できますが・・・

賛否両論あるかと思われます。

 

中村幸也さんはその後、独学で大検に合格して営業をしながら独学で心理学とカウンセリングを学び、のちに日本メンタルヘルス協会の衛藤信之先生と出会ったそうです。

日本メンタルヘルス協会とは?

日本メンタルヘルス協会は1992年に衛藤 信之さんという方が大阪にオープンした協会だそうです。

現在は、東京、福岡、名古屋にも校舎があり、コミュニケーションについて学ぶコースが用意されているそうです。

 

中村幸也は情報商材屋?

情報商材という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

独自のノウハウや経験談をPDFなどにまとめて販売する事です。よくお金を稼ぐ系の情報が情報商材として売らわれていますが、

中には高額の割にまったく役に立たないノウハウだったりが掲載されており、詐欺の温床としても知られています。

 

中村幸也さんは過去に『たったの21日で禁煙を成功させる方法』という情報商材を販売していたようですね。

現在は販売が停止されているみたいですが、過去には禁煙の方法を商材にして販売されていたんですね。

 

 

まとめ

 

10歳の少年が学校に行かずにユーチューバーとして活動する事は世間の批判にさらされる事も多いかと思いますが、

今後、中村幸也さんはどのゆにゆたぼんを育てていくのでしょうね。

-今話題

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.