今話題

中山そら中学生社長の会社は?月商60万超え!両親は?プロフィールまとめ!

投稿日:

現役中学生で社長というファンタジーのような女の子がいると話題になっています。

現役中学生兼社長の中山そらさんはまだ14歳。

ですが、月商60万を超え、売上高純利益率が6割()という超優良企業で社長を務めます。

一体どのようにして中学生でそのような事が成し遂げられたのか、秘密に迫りたいと思います!

中山そらのプロフィール

名前:中山そら
年齢:14歳(中学3年生)
学校:渋谷区立鉢山中学校
部活:バレーボール部 主将
企業名:ハイテカ(highkate.com)
企業内容:偏差値68以上の高校生が、高校受験を控えた中学生に家庭教師として勉強を教える
家族構成:母、父、姉

渋谷区立鉢山中学校に現役で通う中学校3年生で、バレーボールの主将を務めるそらさん。

バレーボールの主将を務めているのもすごいことですが、忙しい部活に加えて更に社長を兼務しているのは大人でもマネできる事ではありません。

渋谷区立鉢山中学校はいじめが少なく、非常におだやかな生徒が多いようで制服が可愛いことに定評があるそうです。進学校という印象はないそうで、比較的生徒がのびのびと過ごせるのもそらさんが活動できる秘密でもあるかもしれませんね。

そして注目すべきなのが、そらさんが企業した「ハイテカ(highkate.com)」。

偏差値68以上の高校生が、高校受験を控えた中学生に家庭教師として勉強を教えるという一文を見て、私は思わず「なるほど!」と頷いてしまいました。

大学生や大人が中学生に高校受験の勉強を教えるよりも、受験を終えたばかりの高校生が教えた方が効率が良いのと、想いが違いますよね。

ハイテカはどのようにして企業したのか

ハイテカは2018年11月に設立され、わずか4か月後には月商60万円という利益を出しています。

勤務時間は平日19時~21時までの二時間でしかも食事付き。

また、講師が高校生ということもあり、入会金は5000円、1時間2500円という安さ、そして食事付き。(一般的な塾は入会金1万~2万、月3万円~6万円)

ハイテカという塾をそらさんは実際にどのように起業したのでしょうか?

自分の足で営業をかけた

まずは自身の学校内にいる受験をひかえた生徒、それも勉強することに意欲が湧かず受験を既に諦めてしまっている生徒を中心に「生徒募集中」というチラシを配り始めたそうです。

友人や知人にも協力をしてもらい、塾の生徒を10人集めたそうです。

問題は、教えてくれる高校生講師。

部活、勉強の忙しい中、休日に「高校生募集」というチラシを名門高校の前で配布して講師の会得にも努力したそうです。

まだそらさんは14歳なので、母親がその活動をひっそりと見守っているので安全です。

そして、偏差値68の高校に去年合格した実姉の愛海(あみ)さんにも協力を仰ぎ、麻布高校(偏差値75)や慶應義塾高校(偏差値74)といった名門校の生徒を確保することに成功したそうです!

こうして家族の協力も得ながら、2019年11月に企業することに成功したのです。

社長はそらさん、副社長は姉の愛海(あみ)さん

ハイテカの社長はそらさん、副社長は愛海さんとどちらも現役の中学生と高校生であります。

そらさんの仕事内容は、塾のタイムキーパーと高校生たちの給与計算。

愛海さんは講師としての指導などをこなしている。

しかしそらさんの家庭は非常に厳しく、これに付随して家事の手伝いや犬の散歩などが幼い頃から課せられています。

激務に耐えかねた姉の愛海さんはある時それをサボってしまいます。
サボった事によって、月に1度役員報酬として支給される1万8000円が、理加さんによって止められてしまいます。

それを受けて愛海さんがついに不満を爆発させ、大げんかをしたそうです。

大げんかのきっかけは二人の取り分についてで、そらさんが6割、愛海さんが4割となっているのですが、「そらは、タイムキーパーと給与計算しかしていないのに、私より給与が高いなんておかしい。ずるい」と以前から抱えていた不満を吐露します。

結局ケンカの仲裁に入ったのは、父親の英俊さんで「会社の中で一番偉いのは、仕事を取ってきた人間だ」と愛海さんへ企業経営とはなにかについて説明し、落ち着かせたというのです。

自分の高校時代を思い出しても、こんなこと言われても絶対に納得できない自身があります。厳しい家庭環境とこの教え。両親は一体どんな人なのでしょうか?

起業するきっかけは経営者である両親

なんと、そらさんの家庭では両親が起業家であるという珍しい家庭です。

母親である理加さんは若いころから数々のメディアに取り上げられてきた実績を持つ女性起業家で女性で初めて、タクシー業界や飛行機業界に飛び込んだ人です。

ですが飛行機会社を経営したときには、20億円の負債を抱えるという人生20回分のすさまじい借金を抱えながらの経営を経験してきたそうです。

父親である英俊さんは大学卒業後、投資会社で超有名企業のJAFCOに就職します。その後様々なベンチャー企業を通して今は企業財務に精通する投資家だそうです。

その経営は常にいいわけではなく、理加さんのビジネスが傾き、6畳一間に家族4人で住むという経験もされています。

そんな時にそらさんが誕生して、子供時代を経験したせいかそらさんには経済的自立が強いそうです。

そんなシビアな両親のもとで育ったことも、今回ビジネスを成功できたきっかけになったかもしれませんね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-今話題

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.