ライフ

新紙幣変更はいつ?500円硬貨も変更!理由は?令和は関係ある?

投稿日:

1万円、5千円、千円の肖像画とデザインを変更するとして政府よ発表がありましたね。

また、紙幣のみと言われていたのですが「500円玉硬貨」についてもデザインを変更するという事が麻生財務相から発表されました。

新紙幣変更はいつ?500円玉硬貨は?

新紙幣の変更時期は、2024年を目途に準備を進めているとのことです。

また、500円玉硬貨については、2021年とオリンピックの影響もあり日本円が多く出回ることが予想されるこの年に変更する見込みとのことです。

いずれにしても、何故このタイミングでの変更なのでしょうか?
4月1日に発表された新元号との関連性はあるのでしょうか。

紙幣と硬貨のデザイン変更の理由は?

主にデザインの変更をする理由として一番大きいものは、「ニセ札の出回りを阻止するため」という事です。

ニセ札と聞くと、「いまだにそんなのあるの?」と思ってしまう程耳にしなくなりましたよね。

肖像が以外にもデザインを変更

紙幣に関しては、印字されている文字(1000円などの金額の文字)を大きくする。

ニセ札発行の防止として印字されているホログラム印刷部分に関しては、3Dとして見える最新技術のホログラムを採用するとのことです。

浮き出て見えるという事でしょうか?
物凄く気になりますね。

500円玉硬貨については、銀色→金色に変更されて以来のデザイン変更になります。
次のデザインは「中心部分が銀色、縁取りが金色」の二色のデザインになるとのことです。

以前よりも手間がかかる構造にすることによって、こちらもニセ硬貨の防止として役立ってそうですね。

新元号と新札との関連性は?

財務相の麻生太郎氏によれば、「ニセ札防止のため、これまでも20年置きにデザインの変更を行ってきた。その為、新元号の発表との関連性はなく、たまたま重なった。」とコメントしているそうです。

その為、「令和」と印字されたデザインの現在での紙幣・硬貨が出回る方が早いという事ですね。

 

-ライフ

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.