フード・スイーツ

新宿で鉄板焼きなら湛山(タンザン) 鉄板一筋30年シェフの絶品ステーキ【食レポ】

更新日:

何かと立ち寄ることの多い大都会【新宿】。
多くの人たちが集まるところには、美味しい料理が集まるものです。

新宿駅東口の方に位置する【新宿歌舞伎町】に、この近辺を利用する人たちでは有名な鉄板料理屋があり、その名も【鉄板焼き ステーキ 湛山(タンザン)】。

鉄板料理一筋30年以上のシェフが切り盛りする、とろけるようなステーキが食べられることで多くの人に親しまれています。

せっかく用事で新宿に来たので、美味しいお店はないかなぁと調べていたところ。

鉄板焼きあんじゃん!!!(歓喜)

・・・と見つけたのがきっかけです。

目的地まで歩みを進めると、町の喧騒から遠ざかっていき、店内に入るとそこには歌舞伎町とはまた違った空間が広がっていました。

古き良き昭和漂う高級な内装と美味しそうな鉄板焼きの匂いに、私はテンションMAXに。

客層は歌舞伎町ならではな感じで、サラリーマンや、派手で美人な女性たち、日本に遊びに来た海外の人など、それぞれでその空間を楽しんでいます。

店員さんも黒を基調とした制服で、接客も非常に丁寧で、その身のこなしは高級店であることを彷彿とさせます。

鉄板捌きに圧巻!食材も高級でたまらない!


座席の大半はカウンターを占めていて、この鉄板から鍛錬された調理テクニックをシェフたちが華麗に見せてくれます。いやぁすごい。


最高級オマール海老がバンザイしながら登場・・・!(笑)

そしてひと際目立ったのが・・・。

え!?なにこれ!!

カンフー映画に出てきそうなそのかっこよすぎる構えは何だ・・・!

あまりにも衝撃的すぎて、シェフはそれが何なのか説明してくれてたんですが、耳に入ってこず・・・(ごめんなさい。)

ビックサイズな胡椒だったと思います。ぜひ観る機会がありましたらその正体を確認してください・・・!

目の前で繰り広げられる衝撃的な光景から引き戻してくれたのは、香ばしいにおいを放つ絶品の鉄板料理たち。


まずはオードブル3種盛り。
すっかりお腹が空いていたので美味しさも相まって飲み物のようにペロリ。


トッピングのシーフードがぷりぷり。


真ん中にあるゴマ風味の甘辛味噌がこれまた合う。


パリッと焼かれたチキンとジューシーな焼き野菜がたまらん。


沢山盛り付けてくれたアワビもこりこりで最高。

そして待ちに待った・・・


噂のステーキ登場!!!ひゃっほい!

しょうゆベース、わさび、岩塩で味わえるとろけるようなボリュームステーキは唸りを上げるうまさ。

結構ボリュームがあったので、男性も満足すること間違いなし。

一番リーズナブルな【金山コース】¥8,980円(税抜)でも、大満足のメニュー構成。

■hors doeuvre -オードブル-
・オードブル3種

■entree -アントレ-
・本日の一品 旬のスープ

■legumes -レギューム
・野菜焼き

■poisson -ポワソン-
・マグロとホタテの笹焼き

■viandes -ヴィアンド-
・A5和牛サーロインステーキ又はA5和牛ヒレステーキ(+1000円で変更可)

■salade -サラダ-
・色彩サラダ

■garniture -ガルニ-
・ガーリックライス又はライス
・味噌汁
・香の物

■Cafe ou the - カフェ-
・本日のデザート

■dessert -デザート-
・コーヒー又は紅茶

気になる平均予算は8,900~10,000円ほど。

歌舞伎町で遊んだついでに鉄板コース間違いなくオススメ!!

※散在しすぎないようにね!

デートに使える鉄板料理豆知識!

ところでどうして「鉄板料理」というものが存在するのでしょうか?

「焼く」という事に関してだけ言えば、フライパンで調理するのと何ら変わりはありませんよね。

ですが鉄板料理を好んで選択するのはちゃんと理由があります。

野菜も肉もフライパンよりも鉄板で料理したほうが美味しい!?

野菜というものは、多くの水分を含んでいます。

更に、塩や醤油などの調味料をつけて野菜に熱を加えると、浸透圧の差で野菜からどんどん水分が出てきます。(きゅうりの塩漬け何かがいい例ですよね!水なんかいれてないのにめっちゃ水分出ます。)

ここで鉄板へ焦点を戻すと、フライパンに比べて鉄板は熱伝導率というものが低いです。
伝導率が低いと、温まりにくいというデメリットがあるものの同時に熱が逃げにくいという特性も持っています。

反対に、フライパンは熱伝導率はいいのですが、熱が逃げやすく、「温度にムラができやすい」状態なんです。

熱し続けて高温になって行くのはもちろん鉄板の方で、どのくらい高温なのかと言いますと、水滴を垂らした瞬間に蒸発するくらい高温になります。(笑)
フライパンではなかなかそこまでならないですよね?

でもこの水分の揮発力こそが、鉄板に醍醐味です。

話を野菜に戻すと、水分が多い野菜を焼こうとすると、フライパンの場合、なかなか野菜の水分が蒸発せず、「焼き」のつもりが「煮込んでいる状態」になり、うま味・栄養素共に流れ出てしまう事もあるんです。

咥えて、温度ムラのあるフライパンに対し、温度が均一な鉄板は野菜全体に火を通すことができ、焦がさずに美味しく仕上がるというもの。

また、水蒸気が一気に揮発するので、スチーム状態になっており、「焼き・蒸し」が同時に行われている為に、外側の触感を残したまま中はちゃんと火が通っているという素晴らしい出来栄えになるというわけです。

また、肉にも同じようなことが言えます。
温度ムラのない鉄板だからこそ、焦げずに、一部分が硬くなりすぎることもなく美味しく焼けるのが理由だそうです。

鉄板の厚みは分厚いほど良い!?

一見、鉄板が分厚くなってしまったら熱も伝わりにくいし、そもそもちゃんと焼けるの?温度大丈夫?と思いがちですが、「鉄板の場合は厚みがあるほど良い」そうです。

前述したように、「温度がキープ出来る」ほど良いという話がありましたね。

この冷めにくさというのは、ある公式が成り立っていて「熱容量=たてxよこx厚さx比重x比熱」で決まるようですよ。

今回、ステーキ湛山では鉄板の熱さについて確認がもれてしまい、大変申し訳ないのですが、高級鉄板屋さんに行くときは、電話で一度鉄板の分厚さを聞くと上級者感が出ていいかもしれません(笑)

じゃあ平均は?と思われるかと思いますが、私も正確には把握しておらず、申し訳ない。

恐らく6mm超えればいいかなという印象は受けました。

ぜひ、鉄板焼き ステーキ 湛山(タンザン)へ意中のお相手とお越しの際は、この豆知識を活用してみてください。

何でも知っているのね・・・!?と喜ばれる、かもしれません。

様々なシーンで活躍間違いなし!

知っている人ぞ知っているけど、歌舞伎町に行かなければ知らない人も多いこのお店。

新宿であればアクセスもいいので、遊びに来た際はぜひオススメの場所です!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


鉄板焼き ステーキ 湛山(タンザン)の店舗情報はこちら↓

<営業時間> 16:00~24:00 ラストオーダー23:00
<定休日> 無休
<住所> 東京都新宿区歌舞伎町1-2-15 ソシアルビル B1F
<アクセス> 新宿駅東口徒歩5分/西武新宿駅徒歩3分

-フード・スイーツ

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.