ゲーム ニュース

STADIAはAI技術の活用で通信遅延なし!?STADIAの仕組みと特徴まとめ

投稿日:

ゲーム業界が、革新の時を迎えようとしているのかもしれません。

それもこれまでの常識をぶち壊してしまう、破壊的なイノベーションです。

 

3月19日(北米時間)で開催されたGDC 2019(Game Developers Conference 2019)にて、Googleがまったく新しいゲームのプラットフォームを発表しました。

その名もSTADIA(ステイディア)

 

下手をするとこのSTADIAは、据え置き型のゲーム機を市場から消し去ってしまうかもしれないレベル。

今回はそんなSTADIAの特徴と、以前から指摘されてきた「クラウドゲームサービス」の持つ問題点やそれに対するGoogleの革新的な解決策についても触れていきます。

 

高価なPCもゲーム機もいらない!

STADIAは、クラウドゲームサービスのプラットフォームとして発表されました。

まず、クラウドゲームサービスとは何かについて解説します。

 

クラウドゲームサービスとは

現在までのゲームは、据え置き型ゲーム機やPCにソフトをダウンロードしたりディスクを差し込んでプレイしますね。

この場合、据え置き型ゲーム機やPCはソフトを滑らかに動かすだけの高性能なものが求められます。

 

すると当然、その機械の価格はおのずと高いものになってしまいますね。

特にPCのゲームはより高い性能を求められることが多く、数十万単位でお金がかかる場合もあります。

 

これがクラウドゲームサービスでは、どうなるかというと・・・。

なんとゲーム機もソフトもいらないのです!

 

必要なのはネット回線と端末(PCやスマホ、テレビなど)だけ。

端末は高性能でなくても全く問題ありません。

 

なぜか?

Googleの持つ超高性能なサーバーがゲームの処理を代わりにやってくれるんです!

いうなれば、PS4や高性能ゲーミングPCをGoogle側が貸してくれるようなものです。

 

だから我々は、ゲームの映像を表示するモニターがあるだけでいいというわけですね。

 

STADIAは遅延がない!?STADIAの凄すぎる特徴

実はクラウドゲームサービスは以前からいくつか存在しており、実際に運営もされていました。

しかし従来のクラウドゲームサービスにはいくつか弱点があり、現在の据え置き型ゲーム機やゲーミングPCでのゲームプレイより劣る部分がありました。

 

STADIAは、これらクラウドゲームサービスの弱点を克服しつつ、様々な新技術を投入しているので「革新的だ!」と言われています。

 

具体的なSTADIAの特徴は、

  1. 通信速度の遅延克服
  2. 手軽さ
  3. ゲーミングPCでも実現できないハイスペック
  4. AI技術の導入

にあります。

 

1.通信速度の遅延克服

YouTubeでよく動画をご覧になる方は感じるかと思うのですが、夜の時間帯になると昼に比べて通信が重くなりますよね。

 

これは夜になると非常に多くの人がYouTubeに接続するので、通信速度が低下してしまっているからです。

というのも、現在のネット通信規格4G/LTEでは大多数の通信を低遅延で捌く力がないのです。(4G/LTEの限界)

 

こういった理由で、従来のクラウドゲームサービスでは大多数のユーザーのアクセスがあると遅延を起こしてしまうことがありました。

ゲーム内容によっては遅延が勝敗を分かつ可能性があるので、クラウドゲームサービスはユーザーから不評だったのです。

 

しかし2018年から、アメリカでは「5G」という新しい通信規格が登場しています。

5Gでは今までの4G/LTEよりもさらに高速通信が可能で、かつ大多数のアクセスがあっても低遅延で通信ができるようになります。

 

STADIAは、この5Gの普及によって低遅延を実現したのです。

 

ただSTADIAの遅延対策はこれだけではありません。

データ通信が遅延するポイントはネット回線以外にもあります。

 

例えば従来のクラウドゲームサービスでは、ゲームのコントローラーと端末との間の通信速度によって遅延が生じていました。

いくらサーバーと端末間の通信が早くても、端末とコントローラーの通信速度が遅ければどうしようもありません。

 

しかしSTADIAでは、このコントローラーをもWi-Fiでサーバーに直で接続することで、さらなる低遅延を実現しています

 

これにより、これまでクラウドゲームサービスでは不可能と言われていた、格闘ゲームやFPS・TPS(遅延がゲームの勝敗にかかわるゲーム)もできるようになると考えられています。

 

また、後述しますがAIの導入により、“プレイヤーが次どのような操作をするかを予測してあらかじめ大量の行動パターンを用意しておき、コントローラーからの入力が着た瞬間用意していたパターンを実行する”というとんでもない技術で遅延をなくすことも考えているようです・・・。

2.手軽さ

STADIAはGoogleが開発するプラットフォームです。

つまり、STADIAは我々が常日頃使っている「GoogleChrome」上でゲームができるサービスなのです。

 

自宅にPCを持っている人やスマホを持っている人は、まずGoogleChromeを使っていますよね。

そういった人たち全員が、特に何の機材も買わずに好きなゲームをプレイできてしまうんです。

 

おまけに、YouTubeとの連携もばっちり。

YouTube上で「あ、このゲームいいな」と思ったら、その動画にあるリンクをクリックするだけで、わずか5秒後にはそのゲームがプレイできてしまうのです。

 

これまでのゲームならダウンロードに小一時間かかったり、そもそもソフトを買うのにも手間がかかる。

そんなわずらわしさが全てなくなってしまうのです。

 

3.ゲーミングPCでも実現できないハイスペック

いくら高性能なPCといっても、その性能には限界があります。

そのためゲームソフトの開発側も、PCの限界に合わせてゲームを作るしかない状況にありました。

 

しかしSTADIAでは、Googleの超高性能なサーバーを使うだけでなく、高性能な処理装置を複数繋げて莫大な処理を可能とする技術も導入される模様です。

これはつまり、ソフト側がグラフィックを超美麗にしてめちゃくちゃ重くなってしまっても、ユーザーはサクサクプレイができるということを意味しています。

 

すなわち・・・。これまでのゲームよりも格段に向上したグラフィックであったり操作性であったりを実現できてしまう可能性があるということです。(今ですらとても綺麗なグラフィックなのに・・・。)

 

また、これだけの処理能力があるとなると、もはや2Dの画面を使う制約すらなくなってきます。

いわゆるVRやARの性能向上ですね。

 

もしかすると現実世界に、まるで本当にいるかのようにゲームのキャラクターが見えるようになるのもそう遠くないかもしれません。

 

4.AI技術の導入

先ほどの「通信遅延克服」の項でも触れましたが、STADIAはAI技術を積極的に導入しています。

例えば、モンスターハンターなどの狩りゲーで重要になる「ステージ」を、AIがこれまでのデータを学習することで新しいステージを無数に生み出すことができてしまったり。

一枚のイメージ画像からその作風やデザイン性などを学習し、それをゲームデータ全体に反映させたり・・・。

 

ゲーム開発側の人々にとっても、革新的なプラットフォームになりそうです。

-ゲーム, ニュース

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.