芸能人

電気グルーヴ30周年ツアー・フジロックはどうなる?石野卓球へファンから激励!

更新日:

4/5訂正:石野卓球さんがソロでフジロックフェスティバルへ出演することに決定しました!!詳細記事はこちら→電気グルーヴ卓球ソロでフジロック出演!全国ツアーや今後の活動の可能性も?

3月13日、電気グルーヴのピエール瀧さんが緊急逮捕を受け、電気グルーヴの活動に大きな影響があると予想されています。

電気グルーヴは3月10日大阪ツアーを終え、オフィシャルサイトにて「30周年記念ライブ」ツアー真っ最中に起きてしまいました。

元々ユニットだった事もあり、ピエール瀧さんが不在となると、石野卓球さん一人になってしまいます。

「中止になってしまう可能性が」高いと思われているであろう今回のライブ。
しかしファンからは続行を願う声が次々と上がっていました。

30周年記念ライブ・フジロック公演は中止?続行?

今年で30周年を迎えた電気グルーヴは、3月4日に大阪ツアーを終えたばかりでした。

現在もなおツアーを巡っている最中に起きてしまったこの一件で、中止となってしまうのではないかとファンの間では隠しきれないショックを見せています。

記念ライブツアーだけでなく、「FUJI ROCK FESTIVAL '19」へも出演予定であった電気グルーヴ。

通常だと自粛して最中であったとしても中止になる事がほとんどですよね。

電気グルーヴの公式サイトには今のところツアーに関しての情報は特に記載がなく、緊急逮捕だった事もあり、決断に悩んでいるのかもしれませんね。

そもそも、電気グルーヴは2人ユニットの為、ピエール瀧さんが欠けてしまえば、石野卓球さんのみとなってしまいます。

物理的な問題を抱えるなか、それを危惧したファンたちが石野卓球さんへ熱いエールを送っているのです。

石野卓球さん電気グルーヴを守ってとの声殺到

電気グルーヴの相方、石野卓球さんご本人からはTwitterからも公式サイトからも未だコメントは来ていない模様です。
あまり騒ぎを大きくしたくないとの配慮からだと思います。

そんな中、電気グルーヴのファンからはピエール瀧さんの報道が流れるなり、石野卓球への激励の声が殺到しているんです。
これはユニットならではの心配からくる声でしょう。

「卓球さん大丈夫ですか!?」
「電気グルーヴ守って下さいっ…!!」
「今週Zepp東京取ったのに とりあえず、解散だけはしないで」
「信じられない フジロック楽しみにしてるんです」
「唯一無二のテクノユニット、やめちゃダメですよ」
「卓球さん頑張ってください!電気を守って!」
「電気グルーヴは永遠です!!! 卓球さん、お願いです!!!」
「35周年をちゃんと祝いましょうね!!!」
「ちゃんと捕まってよかった そう思える日が来る事を願っています」
「解散、ダメ!絶対‼︎‼︎!」
「卓球さん、瀧さんの電気グルーヴが大好きです これからも応援します」
「電気グルーヴ、待ってる どんな形になろうとも」

この声を目にした彼は、ファンの気持ちに応えようと奮闘してくれる可能性もあります。

サービス精神旺盛、奇抜なパフォーマンスは電気グルーヴ唯一無二のもの。

彼からのコメントがないこと、そしてファンからの熱い支持があつまれば、出演続行となる可能性も浮上してきましたね。

石野卓球さんであれば、今回の件に関してもいい意味でネタにして明るく電気グルーヴを守ってくれるかもしれませんね。

電気グルーヴとは?ピエール瀧と石野卓球の経歴

1989年に石野卓球さんとピエール瀧さん(当時ウルトラの滝)で結成され、1991年に「RHYTHM RED BEAT BLACK (リズムレッドビートブラック)」でメジャーデビューを飾りました。

主にテクノポップの前衛とも言える電気グルーヴ。

ディスコ・テクノポップやダンスミュージックなど、テクノ、エレクトロニクカまで幅広い電子音楽を得意としたマルチユニット。

『FLASH PAPA』で本格的にデビュー入りを果たして、「Shangri-La(シャングリラ)」は歴史的大ヒットとなりました。

30周年の記念ツアー、何としてでも乗り越えて欲しい所です!

最後までお読みいただきありがとうございました。

-芸能人

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.