ニュース

737MAXはやっぱり欠陥アリ?墜落受け米当局がボーイングに改修指示

投稿日:

一昨日起きたエチオピア航空302便墜落事故。

事故機はボーイング社の最新鋭機である737MAX8型機で、この機種は5か月前にも別の航空会社で墜落事故を起こしています。

 

わずか5か月という短いスパンで同じ機種が墜落(事故状況も類似)ということで、メーカーのボーイング社への信頼に揺らぎが生じた模様で、ボーイング社の株価が記録的な下げ幅を記録したこともニュースになりましたね。

 

そのボーイング社ですが、CEOは「機体の安全性に問題はない」としながらも、あるシステムの改修を発表しています。

 

一体どういうことなのか、詳しく見ていきます。

 

航空当局からの自動失速防止システム改修要請

FAA(連邦航空局)は3月12日、エチオピア航空の墜落事故を受けて、失速防止システムの改修を義務付けました。

 

ボーイング社の最新鋭機である737MAX型機には、“自動失速防止システム”という機能が搭載されています。

これは文字通り、機体が失速(翼の迎角が大きくなりすぎた場合に揚力が減少する危険な状態)に陥るのを自動で防いでくれる装置です。

 

一見すると素晴らしい安全装置に思えるのですが、実はこれがかなりの曲者なのです。

 

ライオン・エアの墜落事故に見るシステムの問題

 

まず問題点として、この自動失速防止システムはセンサーの情報をコンピューターが解析し、失速の可能性があると判断した場合に機体制御を行うので、センサーに異常があった場合は当然コンピューターも誤った判断を下してしまうのです。

 

5か月前に起きたライオン・エアの墜落事故も、迎角センサーの異常により自動失速防止システムが誤作動を起こしたことが事故原因であるとの説が有力です。

というのも、ライオン・エアの事故機に搭載されていたフライトレコーダー(飛行記録)の分析を行ったところ、パイロットの操作と反発するように自動失速防止システムが作動し、機体が上昇下降を繰り返していたことが分かったのです。

 

この機体の不自然な上昇下降は、エチオピア航空302便でも同様に見られたため、関連性が疑われています。

 

ライオン・エアの一件を受け、ボーイング社は2018年末ごろに一度システム改修を発表しました。

しかしその2か月後にまたしても墜落事故が発生してしまったのです。

 

今回のエチオピア航空の墜落事故の原因はまだ調査中ですが、仮にまたしても迎角センサーと自動失速防止システムの異常が原因だった場合批判が集中しそうですね。

(ライオン・エア墜落事故とエチオピア航空墜落事故の関連性については前記事をご覧ください)

エチオピア航空のボーイング737MAX墜落、事故原因は?日本への影響についても

 

ボーイング社側の対応不備疑惑

 

またライオン・エアの墜落事故では、「センサー異常などによる自動失速防止システムの誤動作への対応手順」がボーイング社のマニュアルに記載されていなかったという話が上がり、議論を呼びました。

 

それどころか、事故が起きるまでそのシステムの存在すら明記されていなかったと言われています。

 

「ライオン・エア事故機のパイロットは運航時間も長くベテランで、失速などに対する訓練も万全だったが、737MAXに搭載された自動失速防止システムについてボーイングがマニュアルに明記していなかったために対応ができず、墜落に至った」

との主張がライオン・エア側から出されています。

 

ボーイング社側は「これまでと同じように対応すれば大丈夫だ」と声明を出していますが、仮にまだこの自動失速防止システムの誤動作に対する対応策が明記されていなかった場合、ボーイング社に批判が集まることにもなりそうです。

 

米当局の声明への批判

今回のエチオピア航空の墜落事故を受け、米当局はボーイング社に対しシステム改修を義務付けましたが、その一方で737MAX型機の運航を差し止めるほどの危険性はないとの声明を発表しています。

 

同じくボーイング社も安全だとの声明を発表しました。

 

これに対し、未だエチオピア航空302便の正確な墜落原因はわかっていないにも関わらず、「安全」と言ってしまう当局とボーイング社にはネット上でも

  • 「事故の原因究明もまだなのに、どうして安全性が確認できるんだよ」
  • 「AOAセンサー(迎角センサー)の不調やそれに伴う失速防止装置の問題は解決したのかな? これが解決していないのに安全宣言したの?」
  • 「株価下落で慌てて声明出したんだろう。 まだ墜落原因も判明してないのに」

など、厳しい意見が集まっています。

 

-ニュース

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.