芸能人

【松岡修造の娘は宝塚男役】松岡恵のプロフィールは?歌劇団での芸名と専科は何組?

更新日:

卒業シーズン真っただ中、宝塚音楽学校の105期生40人の卒業式が本日3月1日に行われました。

105期生の注目のエースとして話題になっているのが、松岡修造とキャスターの田口恵美子夫妻の娘である【松岡恵(まつおか めぐみ)】さん。

宝塚歌劇団に所属するまえから、熱烈なファンに囲まれるほどの実力者の持ち主とのことで、学園内でも期待を向けられています!

松岡恵のプロフィール

 

View this post on Instagram

 

Hiroyuki Kanedaさん(@kanerin827)がシェアした投稿 -

松岡修造さんの高い鼻、田口恵美子さんのしとやかな目元に似て、まさにいいとこどりをした美麗な女性です。10代とは思えない雰囲気を持っています。

松岡恵(本名)
1999年5月生まれ
身長169㎝
<卒業校>
日本女子大学 附属豊明小学校(東京都文京区)
日本女子大学附属中学校(川崎市多摩区)
日本女子大学附属高等学校(川崎市多摩区)

父は松岡修造と母は田口恵美子

 

View this post on Instagram

 

Ai Sugiyama Officialさん(@aisugiyamaofficial)がシェアした投稿 -

近年ではメディアでの活躍が目立って、熱血漢として人気を博している【松岡修造】さんの実の娘なんです。

松岡修造さんは、当時世界ランク46位という日本一のテニスプレイヤーであり、卒業校はハーバード大学と滅茶苦茶エリートなんですよ。

田口恵美子さんは、テレビ東京のアナウンサーを経て、眞子様がお通いになっていた【国際基督教大学客員教授】でもあるんです!

恵さん意外に二人の子供がいる

松岡恵さんは長女で19歳、その下に弟と妹がいるようです。

弟 松岡 修 14歳
妹 松岡 笑 12歳

名前を見て見ると、松岡夫妻から取っているのが目に見えてわかりますね(笑)
恐らく、妹の笑ちゃんは、田口恵美子さんの「えみ」から取ったのかもしれません。

宝塚を志すようになった理由

中学3年生の時、当時花組のトップであった蘭寿とむ主演「ファントム」を見たことによって感化され、宝塚を目指す事を決め、宝塚音楽学校への入学を目指したそうです。

松岡修造さんももちろん反対せず、受けるからには絶対にあきらめるな、中途半端なきもちでやるなといった松岡節で後押しされ、一度の不合格に見回れるも見事合格したそうです。

宝塚歌劇団のサラブレットだった

松岡修造さんの親戚が凄い人物ばかりで、宝塚歌劇の創始者・小林一三さんのひ孫であり、父は、東宝名誉会長、母親は元星組男役スター・千波静(ちなみ しずか)さんだそうです。

つまり、代々宝塚のサラブレットともいわれていて、その実力や人気もさることながら注目を浴びているのです。

一時はコネでの入学とも言われていた

名誉会長のコネで入学したともいわれていたのですが、宝塚音楽学校へ受験するも一度失敗しているのです。

なので、ひ孫の娘だからと言って入学させるようなことはないと証明されていますね。
ですので、あくまでも「実力で入学」しているようです。

歌劇団入団前からの人気ぶり

 

View this post on Instagram

 

ayaさん(@yuki.a__kanato.t_reiko_ss)がシェアした投稿 -

未来で活躍するタカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校の恒例行事でもある【すみれ募金】に松岡恵さんのファンが殺到したことで大ニュースになっていました。

この寄付されたお金は、小児がんの子どもの家族のための専門施設への募金の為の活動を行っていたそうです。

今回は105期生と106期生の計80人が参加したことにより、松岡恵さんの人気も相まってか、約3000人が会場を訪れ、例年よりも多い人数となりました。

気になる芸名と所属する組は?

2019年4月24日更新

松岡恵さんの芸名は稀惺かずと」さんです。芸名の読み方は「きしょうかずと」と読みます。

芸名はいつ頃決まる?

宝塚の芸名を決める時期はみな決まっているようで、宝塚音楽学校卒業し、そのあとすぐに宝塚歌劇団に入団となるのですが、【入団間もなく決まるとのこと!】

ですので、ここ一週間の間には名前が決まると言っても過言ではありません。

どんな名前になるのか気になるところです。

松岡修造さんのはは、千波静さんから名前をもじって付ける可能性もありますし、もしそうだとしたらとてもワクワクしますよね。

芸名にはルールがある。

芸能界で生きてくうえで一生使い続けるこの芸名。
自分の第二の人生を歩む名前でもあります。

宝塚音楽学校の3学年の夏休み頃には大体みんな自分の芸名を決めているそうです。

本名はダメ(名前は良いが名字に本名を使うのはダメ)
読みやすい&書きやすい(あまりにも読みにくく書きにくい漢字などはダメだそうです。)
以前あった芸名に似ているものはNG(先輩芸名で特に印象深い芸名はダメだそうです)

所属する専科は何組?

これについても意見が割れていて、千波静さんが【星組】の男役トップスターとして活躍されていた通り、星組には深い縁があります。

しかし、熱血漢に育てられた松岡恵さん自身の熱血的な部分や、中学生の頃から一番の歴史を持つ【花組】を強く希望していたともいわれています。

希望通りに叶えば、花組に行く可能性が高いと言えますね。

彼女の才能であれば、どこの組からもオファーが来ることでしょう。


さいごまでお読みいただきありがとうございました。

ここ一週間で彼女の芸名が決まるとなると目が離せませんね!

今後の活躍に期待です。

こちらの記事もお勧めです。↓

宝塚歌劇団105期生【松岡恵】の初舞台はいつ?宝塚に伝わる25箇条やすみれコードとは?

-芸能人

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.