イベント・行事

お歳暮とは?由来は?いつまで続けるもの?やめたい場合はどうしたらよい?

更新日:

お歳暮というものは、暮れのご挨拶として恒例行事の一つとなっています。

そのため、毎年毎年季節がやってくると、忙しいのにお歳暮の準備まで重なり、疲弊してしまっている方も多いことでしょう。

お歳暮なんてやめてしまいたい!と毎年思ってはいませんか?

どうもやめてしまうのは気が引ける・・・という方は、ご一読ください。

お歳暮とは?由来は?

そもそもお歳暮とは何なのでしょうか?

お中元が、夏のご挨拶ならば、お歳暮は、暮れのご挨拶。

暮れでご挨拶したのに、年が明けるとすぐに年賀状でもご挨拶ですよね。

なんだか、年中挨拶ばかりな気もしますが・・・

昔は、今のように伝達ツールが何もなかった時代ですから、ご挨拶をするという文化は必要だったのかもしれませんね。

では、お歳暮の由来についても触れておきましょう。

お歳暮はそもそも、年越しのお祭りで「ご先祖様にお供えする品」として存在していました。

お供えものは、お嫁に行った人や、分家の人が、本家に里帰りする際に持ち寄ったことから始まったのだとか。

それから、年末に帰省することがかなわない人だったり、遠方の親戚などが、贈るように。

その後、カタチが変わっていき、普段お世話になっている方(親戚・取引先)へお歳暮をとなっていったそう。

お歳暮の漢字の意味も紐解いて見ましょう。

『歳暮』という言葉は、年の暮れという意味でしたが、クリスマスプレゼントならぬ、年末の贈り物となっていったと言われています。

他にも言われている由来としては、江戸時代に長屋の大家さんが、取引先へ日頃の感謝の品を届けたことが始まりとも言われています。

お歳暮はいつまで続けるもの?

CMなどでは、暮れの元気なご挨拶~♪というフレーズが流れていたします。

そう、元気ならばご挨拶でもしましょう!という気になりますが、年齢を重ねてくると、そんなに元気でもないのです。

元気を出した途端、具合が悪くなってしまったりと体も思う通り動きませんよね。

医療費もかさみ、家計を圧迫することもあるでしょう。

そんな中、毎年贈り続けているお歳暮は、いつまで続けなければならないのでしょうか?

お歳暮とは、そもそも相手への感謝の意を込めて贈るもの。

「健康でいます」ということや、相手も「元気ですよね?」と確認しあう意味もあります。

一度、贈ったら最後まで贈り続けるというのが本来の在り方です。

とはいえ実際に、贈り続けるのは本当に大変。

そこで、いつまで続けるものなのか?というと、結局決まりはないと言われています。

お歳暮を贈る時にも、いろいろなマナーが存在していますが、やめる時も相手に失礼のないよう配慮した対応が必要となります。

それほど、付き合いが続きそうにないという相手に贈る時は、最初から『御礼』というのし紙を使用すれば、1回限りという暗黙の了解ルールになります。

相手も、自分自身も毎年来るのかな?贈るのかな?と悩む必要がなくなりますので、覚えておくと便利です。

お歳暮やめたい場合はどうしたらよい?

お歳暮をやめよう!と決断したけど、どうしたら良いのだろうと悩む事でしょう。

とにかく失礼に当たらないように心がけることが必要です。

ここで、ちょっとした体験談をお伝えします。何かの参考になれば幸いです。

今年頂いた年賀状の中には『終活年賀状』がありました。

『終活年賀状』とは、高齢になり年始の挨拶をそろそろ卒業したいという方が、失礼のないように送るもの。

ですが、今回送っていただいた方は、まだ40代半ば…何があったのでしょう?

それほど付き合いがあるわけでもない方でしたので、年賀状から読み解くしかありません。

内容を見てみると、年賀状の内容は人生順風満帆です!と充実した生活ぶりをうかがわせます。

その一方で、『今年で年賀状はやめます!』という内容を、かなりご丁寧な文面で宣言。

読んだ後の率直な感想は、「なんだかミスマッチ」という違和感を抱いてしまいました。

例えが年賀状になってしまいましたが、お中元にも同じようなことが言えるかもしれません。

相手との付き合い方がどの程度なのか?に合わせて、お歳暮も辞めていくと良いでしょう。

お歳暮を辞めるには段階を踏む!

お歳暮を送るのは確かに毎年手間がかかります。

しかも忙しい師走の時期ですから、なおさらですよね。

ですが、一気に辞めて、後で気にするのも後味が悪いもの。

ではどうすれば良いのでしょう。

それは、少しずつフェードアウトしていく!という方法がベストと言われています。

具体的な方法とは…

  1. まず、お中元を停止する。
  2. 暑中見舞いでご挨拶。
  3. さらに翌年に、お歳暮を停止。
  4. その代わりに、年賀状で年始のご挨拶。

これは、お中元とお歳暮の両方を贈っている場合になります。

最後のお歳暮については、少し金額を下げたものを贈ると相手にも伝わりやすいと言えます。

最終的には、年賀状もおっくうになっていくかもしれません。

すると、先ほど少し触れた『終活年賀状』の段階へ上がることになります。

お歳暮を贈っていたということは、少なからずとも、一時は大変お世話になった方です。

出来るだけ、心配りのある辞め方をすることをおすすめします。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.