イベント・行事

お中元とは?意味や由来は?贈る時期は?マナーについて!金額相場!

更新日:

お中元の意味やマナーについて詳しく知っていますか?

なんとなく、仕事関係でお世話になっている方に贈るというイメージですが、実際はどうなのでしょうか?

金額相場は高いのでしょうか、低いのでしょうか?

では、お中元のあれこれ気になるところをお伝えします。

お中元とは?意味や由来は?

そもそも、お中元とはどのようなものなのでしょう?

お中元は、夏のご挨拶と言われています。

年始のご挨拶が年賀状なら、夏はお中元ということです。

ではお中元には、どのような由来があるのでしょう?

元々は、ご挨拶という年中行事の一つでしたが、日本の文化である「先祖の供養」が融合された結果、親戚等にお供え物を配るという習慣だったと言われています。

夏というと、お盆の季節がありますよね。

お盆には、ご先祖様が自宅に戻ってくると言われていますので、仏壇へお供えしてくださいという意味合いで贈られてきたのだとか。

ところが、江戸時代に入ると、お中元は別の意味へと変化。

現在のような感謝の気持ちを込める贈り物というスタイルになっていきました。

具体的には、その年の上半期にお世話になった方に、お礼の品を贈るというものです。

お中元を贈る時期とは?

お中元は夏に贈るものですが、具体的な贈る時期とはいつなのでしょうか?

時期というものは、全国的に同じではないようです。

東日本では6月下旬~7月中旬ごろまで

西日本では8月初旬から8月中旬ごろまで。

これは、新暦で考えているか、旧暦で考えているかで違うそうです。

お中元を贈り忘れた!今からでも贈りたい場合は?

お世話になった方へお中元を贈りたい!と思っていたのに、忙しさのあまり、うっかり忘れてしまっていた!なんてこともあるかもしれません。

手渡し出来るなら、笑顔で一言添えつつ贈ることも出来そうですが、遠方の場合や、あまり会ない方へは、そうもいきません。

贈るのを今年はやめてしまおうと決断するのも、なんとなく後味悪いですよね。

では時期を逃してしまったけど、今からでも贈りたい場合は、どうしたら良いのでしょうか?

その答えは、簡単!表書きを変えればOKだそうです。

【立秋】(8月8日か9日まで)→暑中御見舞

【立秋以降】(8月10日以降)→残暑御見舞

とすれば、失礼にはならないと言われています。

これなら、多少時期がズレたとしても安心ですね。

最終的には、【処暑】(8月23日~9月7日)までには贈れば良いとされています。

因みに、お世話になった方が目上の方の場合、御見舞を御伺いに変えます。

お中元のマナーとは?

お中元を贈った事がない!という場合は、いざ贈らなければならない時、何かと気をつかうもの。

特に、目上のお世話になった方へ送る場合は、失礼があってはならない!気疲れしてしまいそうですよね。

お中元のマナーを知っておくと安心です。

【のし】

表書きは、基本的にはお中元と記します。

時期によって、暑中御見舞・残暑御見舞か、暑中御伺い・残暑御伺いとします。

もし、恒例にしたくない場合は奥の手があります。

「御礼」と書いておくと、恒例化せず、1回限りだとわかりやすいです。

水引きについては、紅白の結びを使用します。

もし、贈る品が生ものの場合は、のしは水引きのみのものを使用します。

【喪中】

お中元は、夏のご挨拶と冒頭でお伝えしましたが、喪中の場合はどうするのでしょうか?

年賀状については、喪中はがきを贈ることで、相手に知らせることが出来ますよね。

お中元については、喪中は関係ありません。

贈り先の方が喪中だとでも、お中元を届けてOKです。

ですが、四十九日の期間は避け、紅白の水引も使用しないように気を付けましょう。

【持参出来ないとき】

お中元というものは、手渡しが本来のスタイルです。

ですが、最近ではお店で注文も配送も可能になっています。

その場合は、贈った旨を事前に先方へ伝えておくことが必要です。

電話やメールでも問題ないとされていますが、正式には品物に挨拶状を添付するか、品物が届く前に挨拶状だけを送るという方法をとります。

生ものの場合は、賞味期限も考えなければなりません。

先方に不在になる用事がないかも合わせて確認しておきましょう。

結局は、受け取る側が、気を遣わなければならないものは避けた方が無難だと言えます。

【目上の人に送ってはならないもの】

目上の人に贈るのはご法度とされる品物がありますので、ご紹介します。

下のものが目上の人に贈ること自体が失礼にあたると言われていますので、注意しましょう。

  • 金券類
  • 履物類
  • 筆記用具
  • 時計

などです。

【お中元を受け取った側は?】

お中元というものは、贈る側のマナーは注目されますが、受け取る側にもマナーはあります。

物をもらった時は、普通にお礼を言いますよね。

それと同様に、すぐにお礼状を出すのが礼儀作法となっています。

ごく近しい間柄であれば、電話やメールでのお礼でも問題ありません。

最終的に、お互いに気持ちよくやりとりが出来ていれば、それほど問題はないと言えます。

お中元の金額相場!

何事にも、金額相場というものがありますよね。

それは、お中元にももちろんあります。

基本的な相場は

三千円~五千円。

あまり高額ではないですね!

これはどういうことなのでしょう?

あまりに高額なものを受け取ってしまうと、受け取る側も気を使いますし、贈る側も、毎年のこととなると、出費がかさんで大変です。

そこで、お互い負担に思わない程度に…となったと考えられます。

もし、お中元もお歳暮も送るという方の場合は、お中元の金額は抑える事が多いようです。

他に注意点としては、相手の好みに合わせることはもちろんですが、家族構成も考えた品物を贈るとより喜ばれるでしょう。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.