イベント・行事

【端午の節句】柏餅・粽(ちまき)何故食べる?由来!かしわの葉巻き方で中身がわかる!

更新日:

【端午の節句】でよく食べる食べ物と言えば、「柏餅」や「粽」(ちまき)。

いったい何故食べるようになったのでしょう?

どうも「柏餅」には子供の日のイメージが強くありますが、「粽」(ちまき)については、いまいちピンと来ない気もします。

気になったので調べてみました!

【端午の節句】の食べ物は?他にある?

【端午の節句】の食べ物と言えば、何を思いつきますか?

ひな祭りのように様々な種類があるのかと思い調べてみたところ、残念ながら「柏餅」「粽」(ちまき)くらいしか見当たりませんでした。

最近では、お寿司や、豪華な家庭料理を振る舞うお宅もあるようですが。

そこでますます気になるのが、「柏餅」や「粽」(ちまき)の存在。

いったいどのような由来が隠されているのでしょう。

「柏餅」とは?由来は?かしわの葉巻き方で中身が!

「柏餅」とは、あんこをお餅でくるんで、最後にかしわの葉で挟んで完成という日本で最もポピュラーな和菓子と言えます。

あんこの種類も様々。

  • こしあん
  • つぶあん
  • みそあん
  • 白みそあん

あんこについても、こしあん派・つぶあん派でわかれるかもしれませんね。

それでは、いったいいつ頃「柏餅」は誕生したのでしょう?

江戸時代の江戸にて「柏餅」は生まれています。

かしわの葉は、新芽が成長するまで古い葉が落ちないと言われています。

そこから子孫繁栄という縁起をかつぐようになりました。

かしわの葉もそうですが、かしわの木自体も神木とされることもあるとか。

そういったことから、【端午の節句】の食べ物として定着していくようになりました。

ところで、かしわの葉の巻き方にはルールがあることを知っていましたか?

  • かしわの葉が外表の場合 小豆あん
  • かしわの葉が中表の場合 みそあん

今度購入するときは、「柏餅」のかしわの葉が、どう巻いてあるかも注目してみましょう!

「柏餅」は参勤交代で広まった!

「柏餅」自体が日本津々浦々まで、とどろいたのは江戸時代となっていますが、何も伝達ツールの無かった時代に、どのようにして広まって行ったのでしょう?

実は「柏餅」、江戸時代に行われていた参勤交代という制度のおかげで、広められたのだとか。

【参勤交代とは】

全国250以上ある大名家が2年ごとに江戸に参勤し、1年経ったら国元へ引き上げる交代を行う制度である。徳川家光によって徳川将軍家に対する軍役奉仕を目的に制度化された。江戸と国元の定期的な交流により文化・経済の交流にも大きな役割を果たした。

引用:Wikipedia

日本全土に広まったは広まったものの、かしわの葉を用いた本物の「柏餅」は1930年頃までは、関東中心でしか手に入らなかったそうです。

かしわが育っていない地域は、別の葉で代用。

ですが、お隣韓国や中国からかしわの葉が輸入され、かしわの葉での「柏餅」が全国的に食べられるようになったそうな。

粽(ちまき)とは?中国と日本の違いとは?

それでは、【端午の節句】には「粽」(ちまき)も食べられるようですが、いったいどのような理由が隠されているのでしょう?

「柏餅」は日本発祥でしたが、「粽」(ちまき)は中国から伝わってきたものです。

「粽」という字は、「葦の葉でお米を包む」という意味を表しています。

実は、日本にも【ちまき】はありますが、葉の種類は、笹の葉や竹の皮。

中身も中国と日本では大きく異なります。

  • 中国 もち米 肉 栗 ナツメ
  • 日本 餅または団子

中国の「粽」(ちまき)がご飯で、日本の【ちまき】はお菓子といったところですね。

粽(ちまき)は何故食べる?由来は?

それでは、【端午の節句】で何故「粽」(ちまき)を食べるようになったのでしょう?

さかのぼること、2300年ほど前。

中国のとある詩人がおり、国王の側近として仕えていました。

その詩人は人望も厚かったのですが、陰謀により国を追われることに。

その時の想いをつづった詩が中国文学の名作として残っています。

当の本人は、失望のあまりに川に身投げという痛ましい最期でした。

その日が5月5日。

国民は悼み、詩人が魚に食べられないようにと、追い払ったり、お供え物を川へ投げ込みました。

投げ入れたお供え物は、悪い龍に食べられ届きません。

そこで、龍が苦手な葉にもち米をくるんで、邪気を払う五色の糸で縛って川へ流したのが始まりと言われています。

因みに、詩人のもとへ無事に届くようになったとか。

5月5日には、「粽」(ちまき)を作って邪気を払うという行事が、日本へも伝わったというわけです。

余談ですが、5色の色は

となっています。

邪気を払う色とされ、鯉のぼりの吹き流しにも使われているそうですよ。

「柏餅」と「粽」(ちまき)には知られざる由来があったのですね。子どもにも教えてあげたい雑学となりそうです。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.