イベント・行事

【白酒】と【甘酒】の違いとは?「ひな祭り」に「子ども」に飲ませて良い方は?

更新日:

【白酒】と【甘酒】って見た目はよく似ていますが、実は全然別物だということを知っていましたか?

ひな祭りといえば、主役は子どもですよね。

子どもにとって【白酒】は飲ませて良いものなのでしょうか?

そして、【白酒】はいつ頃からひな祭りに欠かせないものとなったのでしょう。

【白酒】と【甘酒】の違いを探ってみたいと思います。

【白酒】とは?

【白酒】とは、「ひな祭りの」の時期に、お祝い酒として振る舞うお酒の事です。

アルコールは約9%、糖類45%の立派なお酒です。

製造方法は二通り。

  1. 蒸したもち米+同量のみりんを加えてかき混ぜる
  2. 蒸したもち米+焼酎+米麹を仕込み、数週間経過後に臼で引く

という方法です。

【白酒】の起源は?いつからひな祭りに登場?

元々は、博多地方で古くから製造されていた『練酒ねりざけ』が始まりだと言われています。

『練酒』とはどのようなものなのでしょうか?

日本酒の一種であり、古代酒の原型を最も留めているといわれる。室町時代、京都で珍重され、西国からの土産物や贈り物として、大変人気が高かったと言われる。博多の練酒は、餅米を用い、醪(もろみ)を臼で引きつぶして造る。甘酒ほどではないが、練り絹のような照りを持ち、ペースト状でねっとりした、もしくは粥のような形状をしており、当然比重や日本酒度も高く甘口酒の範疇に入る。

引用:Wikipedia

なるほど、これは飲んでみたいお酒ですね。

では、いつ頃から「ひな祭り」に登場するようになったのでしょう?

室町時代に、桃の節句の際には、桃の花を浸したお酒を飲んでいたのだとか。

時を経て、【白酒】へと変化していったそう。

呼び方も、最初は【山川酒】だったと言われています。

中国にも【白酒】が!

中国にも【白酒】は存在してます。

中国では『パイチュウ』と呼ばれています。

【白酒】の原料は穀物類です。

  • とうもろこし
  • ジャガイモ
  • サツマイモ

などから作られています。

アルコール度数ですが、20世紀の【白酒】については・・・

なんと50度以上もあるのだそう。

名前は同じ【白酒】ですが、内容としては日本の【白酒】とは全く別物と言えます。

白酒はアルコール度数高いの?

お酒のアルコール度数は種類によって、実に様々。

【白酒】は9%程度となっていますが、これは高いアルコール度数なのでしょうか。

では、他のお酒のおおよそのアルコール度数も確認しておきましょう。

【醸造酒】

  • ビール…5%
  • ワイン…14%
  • シャンパン…12%
  • 日本酒…15%
  • 紹興酒…16%
  • マッコリ…7%

【蒸留酒】

  • ウィスキー…40%
  • テキーラ…40%
  • ジン…40%
  • ラム…40%
  • ウォッカ…40%
  • ブランデー…40%
  • 焼酎…25%
  • 泡盛…35%

となっています。

日本の【白酒】は9%なので、ビールよりも高いですね。

最近では、ストロング酎ハイなどが売られていますが、あれらのアルコール度数は大抵9%です。

飲んだことがある方は、おわかりでしょうが、1缶でも酔っぱらってしまう度数です。

つまり、【白酒】の9%は、かなりアルコール度数が高めだと知っておいた方が良いでしょう。

白酒と甘酒の違いは?「ひな祭り」に「子ども」に飲ませて良い方は?

それでは、【白酒】と【甘酒】の違いはどこにあるのでしょうか?

先ほどから説明してきた通り、【白酒】はれっきとしたお酒です。

【甘酒】はというと、ものによってはアルコールが含まれるものもありますが、アルコールが入っていない【甘酒】も存在しています。

つまり・・・

【白酒】はお酒 【甘酒】は甘い飲み物

ということです。

では、「ひな祭り」に子どもに飲ませて良い方は?もうおわかりですね。

アルコールが含まれていない【甘酒】

が正解となります。

ですが、最近では「ひな祭り」のために、アルコール抜きの【白酒】も販売されています。

子供用となっている【白酒】であれば、問題ありません。

子どもだってお酒気分を味わいたいでしょうしね。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.