ライフ

【土用】に【土いじり】ダメなの?【間日】とは?【土用殺】とは?

更新日:

【土用】というと、「土用の丑の日」のイメージが強いですが、どうやら【うなぎ】ばかりに気を取られている場合ではないのかもしれません。

特に、趣味がお庭の【土いじり】だという方は、注意が必要です。

どうやら、【土いじり】をしたいという場合は、【間日】に行う必要がありそうです。

そして、【土用】には他にも避けておいた方が良いことが沢山!

逆にやっておいた方が良いこともありましたので、それぞれ紹介したいと思います。

土用どよう】に【土いじり】がダメなのは何故?

【土用】といえば誰しも【土用の丑の日】を思い浮かべるのではないでしょうか。

そして、精の付くものとして『うなぎ』を食べる事が慣習となっていますので、毎年欠かさず食べているという方もいるかもしれないですね。

ですが、【土用】に【土いじり】がダメだという事は、あまり知られていないのではないでしょうか?

実は、【土いじり】・【穴を掘る】などの『土』を動かしてまう作業は、【土用】に行ってしまうと、土の神様(ドコウシン・ドクシン)が怒ってしまうと言われているから。

その言い伝えのために、【土用】の【土いじり】は忌み嫌われてきたとされています。

とは言え、【土用】の期間に【土いじり】の作業が滞ってしまうのもいかがなものかということで、土公神ドコウシン様が、地上を離れていると言われれる日(間日まび)では、【土いじり】OKとなったようです。

季節の変わり目は、何かと体調不良を起こしやすい事から、【土いじり】のような作業は危険だという教えが元となっていると言われています。

【土用】の【間日】とは?

先ほど、【土用】の【土いじり】は【間日】に行うと良いとお伝えしましたが、いったい【間日】とは何なのでしょうか?

それは、【土いじり】をしてはいけない期間があると、工事を仕事としている方にとっては、支障がありすぎる!ということから、文殊菩薩様が、【土用】の期間に数日、土公神様一家を天井へ集めたと言われています。

つまり、土公神様がいない地上では、【土いじり】が出来るようにしてくれたのです。

では、夏の土用の間日はいつなのかというと、『卯、辰、申』になります。

【2019年 夏の土用 間日】

土用の入り 2019年7月20日
土用の明け 2019年8月7日
間日 7/22、7/29、7/30、8/3

気になる方は、上記の日程に調整することをおすすめします。

【土用殺】とはいったい何?

【土用】の【土いじり】は、控えた方が良いことがわかりました。

そして、【土用】にもう一つ頭に入れておいた方が良いものがあります。

それは・・・

土用殺どようさつ

なんとも物騒な名前ですが、これは方角に関する名前です。

【土用殺】は、夏に限らず春夏秋冬存在している、凶方位となります。

夏の土用殺の方角は・・・

南西

です。

因みに他の季節の【土用殺】も気になるところだと思いますのでお伝えします。

  • 春 南東
  • 秋 北西
  • 冬 北東

となっています。

特に、方角まで気にする方は、夏の土用は南西の方角は避けておくと良いと言われています。

【土用】他にも避けた方が良い行いは?

【土用】はとにかく、パワーがダウンする時期。

そこで、【土いじり】以外にも控えておいた方が良いとされているものがありました。

  1. 家などを作る際の、地鎮祭
  2. 家などの購入
  3. 家などのリフォーム
  4. お引越し
  5. 旅行(方角が良くても)
  6. お庭のリフォーム
  7. 井戸掘り
  8. 地面以外でも穴を開ける事
  9. 事業を開く
  10. 就職や転職
  11. 結婚や結納
  12. 何かを新しく始める

これらのものは、出来るだけ避けておいた方が良さそうです。

【土用】に逆にやっておいた方が良いことは?

【土用】の期間というものは、やらない方が良いばかりに思えますが、逆にやっておいた方が良い事ってあるのでしょうか?

調べてみたところ、ちゃんとありました。

  • 大掃除
  • 整理整頓
  • 体調管理

つまり、家の中を綺麗にすること。

家が整っていると、邪気も払われると言われています。

こまめな清掃で、家を清潔に保つことで病にもなりにくいという利点もありますよね。

【土用】はとにかく、体調に気を付けることが必要ですので、いつもに増して健康に気を使うことも必要です。

というわけで、【土用】というのは、いつも以上に無理は禁物ですね。

-ライフ

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.