イベント・行事

「土用の丑の日」と「平賀源内」の関係は?なぜ【うなぎ】を食べる?

更新日:

「土用の丑の日」ってなぜ【うなぎ】を食べるのか知っていますか?

気になったので調べてみたところ、どうやら「平賀源内」さんが関係している様子。

「平賀源内」さんと言えば、万能学者とも言われるほどの人物ですが、探ってみると驚きの晩年を迎えていたことも発覚しました!

「土用」や「丑の日」についても、深い意味が隠されていましたので、そろぞれお伝えしていきたいと思います。

土用の丑の日どようのうしのひ」の「土用」とは?

7月ごろになると、毎年、「土用の丑の日」というフレーズをよく聞くようになり、スーパーでも、【うなぎ】がたくさん売られるようになりますよね。

そもそも「土用の丑の日」とは何なのでしょう。

紐解いてみると、「土用」という言葉には、きちんとした意味がある様子。

土用というのは、中国から伝わった五行説「木・火・土・金・水」を日本の季節(四季)に合わせたものです。

日本の四季といえば、春夏秋冬ですね。

では、一つ一つ当てはめてみましょう。

  • 春 … 木
  • 夏 … 火
  • 秋 … 金
  • 冬 … 水

となります。

おや?「土」が余ってしまう。

というわけで、「土」といものは季節問わずいつもあるものだ!とこじつけたのだとか。

そのため、立春・立夏・立秋・立冬の季節、最後の18~19日については、『土用』となったようです。

無事、均等に五行に分けられることとなりました。

では、「土用の丑の日」は季節ごとにやってくるのか?という疑問がわきますが、現在では、夏の土用が定番となっています。

「土用の丑の日」の「丑の日」とは?

お次は、「丑の日」について。

十二支というものはよく知られていますよね。

その年の干支というのは、皆さんよくご存じだと思います。

ですが、日にちにも干支が割り振られている事を知っていましたか?

【ね・うし・とら・う・たつ・み・うま・ひつじ・さる・とり・いぬ・い】の十二支のうち、『うし』の日が約18日間割り振られているのです。

その年によって、2回『丑の日』が、巡ってくることもあります。

その場合

  1. 一の丑
  2. 二の丑

と呼ばれます。

因みに、盛り上がり度としては、1回目の丑の日が高いそうです。

それは2回目は飽きているのか、疲れているのかという理由ではないかと、うなぎ屋さんは推察しています。

2019・2020の「土用の丑の日」はいつ?

それでは気になる、2019年、2020年の「土用の丑の日」の日程をお伝えします。

【2019年】

  • 土用の入り 7月20日
  • 土用明け 8月7日
  • 丑の日 7月27日

【2020年】

  • 土用の入り 7月19日
  • 土用明け 8月6日
  • 丑の日 7月21日 8月2日

2019年に関しては、1回のみですので、うなぎを食べたい方は忘れないようにしてください。

「平賀源内」との関係!なぜ【うなぎ】を食べるのか!

夏の暑さは老若男女問わず、バテる季節ですよね。

【うなぎ】は「土用の丑の日」でなくても、食べた方が良いと思いますが、なぜ、「土用の丑の日」になると、全国的に【うなぎ】を食べる習慣がついたのでしょう?

それは、「平賀源内」さんが関係していました!

「平賀源内」さんをよく知らないという方のために、豆知識をお伝えします。

【平賀源内さんとは?】

江戸中期に存在したと言われる人物。

非常に天才的な頭脳を持ち合わせ、多才であることで有名です。

職業的にはいくつもの顔を持っていました。

  • 科学者
  • 戯作者
  • 浄瑠璃作者

趣味も、当時にしては珍しく油絵で洋風画も描いていたとか。

その他にも鉱山を発掘計画をするなど、活動は多岐にわたります。

素晴らしい才能を持ち合わせながらも、残念な晩年でした。

生活が荒れていた源内さんは、口論から人をあやめてしまい、牢獄で最期を迎えました。

54歳か57歳という年齢でこの世を去っています。

なんとも、淋しい晩年ですね…ですが、功績は今も世に受け継がれています。

 

では、話を戻して、【うなぎ】は昔から、「精が付く」として食べられていました。

ところが、夏場になると【うなぎ】が売れず、困ったうなぎ屋さんが、「平賀源内」さんに相談。

すると、源内さんはさらさらと紙に何やら書きました。

「本日、土用の丑の日」

その紙を店に張り出したところ、うなぎ屋さんは大繁盛したというのがきっかけです。

丑の日とうなぎって同じ『う』が付きますよね。

この日は『う』の付く食べ物を食べることで、無病息災で居られるという迷信もあるのだそう。

「土用の丑の日」は現在も続く、夏の風物詩です。

他にもいろいろな行事が受け継がれていますが、由来などを知るともっと楽しく過ごせることでしょう。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.