イベント・行事

桜前線とは?意味・由来!気象庁の意地?開花宣言は意外とアナログ?

更新日:

桜前線という言葉、お花見の季節が近づくとよく聞かれますが、いったいどのようなものか知っていますか。

まるで、天気予報のようなフレーズですよね。

そこには、あまり知られていない由来があるようです。

では、桜前線の意味や由来などをお伝えします。

桜前線とは?意味について

photo by:いらすとや

桜前線は、お天気予報のようですが、本来はどのようなものなのでしょう?

それは、日本各地で桜の開花した日を線でつなげたものです。

そのカタチがまるで、お天気予報の前線に似ているので、『桜前線』と呼ばれるように。

そして、【桜前線北上中】などと、ニュース番組でも使われています。

桜前線北上中は、桜の開花が、南から北へ北上しながら開花するためです。

では、一番最初に桜が開花する地方はどこなのでしょうか?

それは、沖縄。

沖縄では、1月になると緋寒桜が開花しますが、東京では、まだ真冬真っ盛りのころですよね。

そして、3月に入ると徐々に本州へ上陸し、太平洋側で、ソメイヨシノが開花。

気候にもよりますが、4月初めごろには満開することが多いです。

関東の桜の季節が終わる頃、4月末頃から徐々に東北などで開花し始めます。

5月に入ってやっと北海道でも開花し、日本列島の桜前線は終わりを告げます。

このように桜前線は、南の暖かい地方から、北の寒い地方へ進みます。

高低差も低いところから、高いところへ進んでいくのですが、その年によっては、暖かい地方よりも先に南関東の桜が開花してしまうこともあるようです。

そのため、桜前線がきれいに決まらないときもあります。

桜前線の由来は?気象庁は意地でも使わない!

桜前線について、おわかりいただけたところで、また新たな疑問が生じました。

いったい、誰が『桜前線』というワードを使うようになったのでしょう?

それは、マスコミでした。

マスコミが造語として使い始めたのは、昭和42年頃。

それが、約半世紀たった現在でも使われている言葉となっています。

『桜前線』の言葉の方が有名となっていますが、本家本元の気象庁はどのようなワードを使用しているのでしょうか。

それは『さくらの開花予想』

気象庁では、『桜前線』というワードは使いません。

ですから、気象庁のいわゆる桜前線というものは、『さくらの開花予想の等期日線図』と呼ぶそうですよ。

いまいち、ピンと来ませんね。

気象庁は、本家本元の意地といったところでしょうか。

それでは、桜前線は、なぜ予想されるようになったのでしょうか。

実は、明治末から大正時代初期の頃、日本では冷害が相次ぎ、農作物の被害が多かったことがありました。

そこで、被害を少しでも防ぐために、気象などを予想することで、作物の栽培方法の研究開発に役立てようとなったわけです。

桜の開花調査が始まったのは、大正15年。

最初は、関東付近の調査から行っていました。

年々、開花予想は試行錯誤され、現在のようなスタイルとなっていったのです。

開花宣言とは?意外とアナログだった!

開花宣言という言葉も、よくニュースで使うフレーズですよね。

開花宣言とはどのようなものなのでしょうか?

驚くことに、気象庁の担当者が、実際に観測して判断するのだとか。

かつての紅白歌合戦では、どちらが勝ったかを知るために、日本野鳥の会の方々が、目視でカウントしていたと聞いたことがあります。

にわかに信じがたいのですが、開花宣言を出す担当者も、同じような事をしているようですよ。

桜の木をじっと見て、地道に花の数を数えるのだそう。

5~6個、桜が咲いていると・・・

『開花宣言』

となるわけです。

かなり、アナログだったのです。

『桜前線』には、いろいろな歴史があることがわかりました。

気象庁の本来の目的とは裏腹に、一般に向けて、桜の開花予想を行い続けるというのも大変かもしれませんね。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.