イベント・行事

雛人形を処分するのはいつがいい?供養する方法は?

更新日:

雛人形は、女の子がいるご家庭では、初節句で誰が購入するのか等、ひと悶着あったりしませんでしたか?

そんな事も、今や良き思い出?かもしれませんね。

思い入れのある雛人形ですが、必要がなくなる時もやってきます。

残された雛人形は、飾られることもなく、ひっそりと押し入れの奥へしまい込んだまま。

いったいこの雛人形をいつ処分したらよいのでしょう?

そして、病気などの身代わりとなってくれた雛人形に、どのような供養をほどこしてあげれば良いのでしょうか?

雛人形の役割とは?

雛人形には、身代わりになってくれるという役目があります。

女の子が生まれると、災いから守ってもらい、健やかにスクスク成長できますようにと願って、雛人形を飾るようになりました。

元々は流し雛と言って、人形に自分の穢れを移し、川へ流すことで厄を祓っていたのだそう。

地域によっては、現在も川に人形を流すという風習が残っていたりします。

雛人形はいったいいつまで飾り続けるものなの?

雛人形には、子供を災いから守ってもらう役割ありますが、その子供もいつかは立派な大人へと成長していきますよね。

そうなると、雛人形は、いったいいつまで飾るべきなのか?迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

子供が巣立った後も、飾るべきなのでしょうか?

探ってみたところ、いつまで飾るかについては、様々な考えが存在しているようです。

いくつか紹介したいと思います。

【思い切って一生飾り続ける】

雛人形は、その子を災いから守るというお役目を持っていますので、その子が生きている限りずっと飾り続けるという考え方が存在しています。

確かに、一生飾り続けるという方法は、単純明快な解答かもしれませんね。

ですが、問題点としては、雛人形が本人と共に移動するのかどうかです。

これにも、二通り方法があります。

  1. 実家に残したまま、雛人形を飾り続ける
  2. 嫁ぎ先へ持っていき、雛人形を飾る

例外として、大人になってから、自ら自分用の雛人形を購入するというケースや、季節問わず飾るという方もいらっしゃるのだそう。

【娘が嫁ぐまで】

本来、雛人形は結婚式の様子を表現していますよね。

つまり、女の子が健やかに成長し、無事に結婚できますようにと願って飾るものという事です。

そこで、娘が無事に結婚したら飾らないという考え方もあるようです。

【ある程度の年齢まで】

家庭環境にもよりますが、部屋が狭かったり、飾るまでの労力の方が大変!という方などが、選択する方法です。

例えば、ある程度の年齢に達したら、飾るのを辞めるのです。

早い方ですと、七五三が終了した7歳まで。

大学卒業を目途にする場合や、大人になる20歳を区切りにする方もいらっしゃるとか。

雛人形を処分するのはいつ?

雛人形を飾ることもなくなると、必要性も感じなくなります。

家の中が片付かないと、雛人形をしまっていたスペースに荷物を置けたらいいのに!なんて、思うことも多々出てくるでしょう。

では、雛人形はいつ処分したら良いのでしょうか?

実は、雛人形はその子が存在している限りは処分しない方が良いとされています。

それは、雛人形にはその子供の魂が宿っているとの考えがあるためです。

ですが、一生持ち続けると言っていられない事情も、発生してくることの方がほとんどとかもしれません。

ですから雛人形は、役目を果たしたと思った時が処分のしどきだと考えるのが自然と言えます。

処分する方法は?供養する方法は?

雛人形を処分するのは、心が痛む事でしょう。

ましては、魂が宿っているなどと知ってしまったら、祟り?も怖いですしね。

それでは、どのように処分したら良いのでしょうか?

処分する方法も様々あることがわかりました。

  1. 供養してから処分
  2. 人にあげる
  3. 自治体に寄贈
  4. リサイクルショップへ売る
  5. ごみに出す

他にも、海外へリユースしてくれるところも存在しているようです。

一番、心痛まず処分できる方法としては、供養してから処分という方法かもしれません。

さすがに、ゴミに出すという方法だと覚悟も必要でしょう。

【供養する方法】

人形供養というものが、各地の神社やお寺で行われていますので、そこに依頼してみましょう。

費用はかかりますが、一番心苦しくなく処分できるかと思われます。

人形供養というものは、人形に宿っている魂をまず抜き、供養をほどこすことで、人形がただの物に戻り、役目を終えることが出来るという方法です。

雛人形は、出来れば一生飾ってあげたいという気持ちを持ちつつ、感謝の気持ちを込めて処分するのが良いかもしれませんね。

ひな祭りの由来を簡単に解説!子供に教えるには?菱餅・ひなあられ・ハマグリの意味!

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.