イベント・行事

「十五夜」とは?意味や由来について!「十三夜」も見ないと縁起が悪い?すすき・月見団子について

更新日:

十五夜について、意味や由来についてよく知っていますか?

十五夜のほかにも、十三夜や十日夜があったりして、あまり知らないという方も多いようです。

十五夜のお月見をした場合には、十三夜のお月見もしなくてはいけない!といった知られざる言われもあるようです。

今回は、十五夜の意味や由来についてお伝えしていきたいと思います。

十五夜じゅうごやとは?2019年は?

十五夜と聞くと、単純に9月15日と思い込んでいたのですが、実は違うって知っていましたか?

秋はお月見の季節ですが、毎年日付が変動しているそう。

良く知られているのは、「十五夜」とですが、その他にも「十三夜」「十日夜」が存在しています。

十五夜は、いったいつの事なのかというと、旧暦の8月15日の夜。

因みに2019年の十五夜は、9月13日(金)。

前年の、2018年の十五夜は、9月24日(月)でしたので、2019年とは全く違う日程ですよね。

このように、毎年十五夜の日にちは変動しています。

では、十五夜とはいったい何をするのかというと、お月見をしながら、秋の収穫を感謝して過ごすといった内容になります。

十五夜の意味や由来について!

それでは、十五夜の意味や由来についてお伝えしていきます。

お月見という習慣についてですが、実は、お月見は中国から伝わったものでした。

それが、日本へ伝わり、平安貴族が取り入れるようになりました。

そこから更に庶民へと伝わった時に、収穫への感謝する行事と変化していったのだそう。

庶民が収穫を感謝した野菜は『芋』。

そのため、別名として『芋名月』とも呼ばれています。

十三夜とは?十五夜とセットで見ないと縁起が悪い?

十五夜が、お月見の行事としては浸透しているのですが、他にも十三夜というものが存在しています。

十三夜とは、旧暦の9月13日。

十五夜の方が後に感じますが、十五夜は旧暦の8月15日です。

十五夜のお月様が一番きれいとわ言われていますが、十三夜のお月様もなかなかなもの。

実は、「十五夜」と「十三夜」の両方揃ってお月見しないといけないと言われています。

それは、どちらか一方のみのお月見をした場合は、「片見月」もしくは「方月見」と言われていて、縁起が悪い!のだとか。

これは、ほとんど知られていないのではないでしょうか?

十五夜は、中国から伝わっていますが、十三夜については日本が付け足したもの。

十五夜が「芋名月」なら、十三夜は、「栗名月」「豆名月」。

それは、栗・豆の収穫の時期に十三夜が重なることから、呼ばれるようになたそうです。

十日夜とおかんやとは?

「十日夜」という行事がラストを飾ります。

十日夜は、旧暦10月10日に行われていました。

十日夜は、お月見というよりも、稲刈りが終わった後の神様を見送るという意味合いが強いです。

地域によって、さまざまな行事が行われているのだとか。

お月見には「すすき」「月見団子」をお供えするのはなぜ?

お月見といえば、「月見団子」「すすき」ですが、なぜお供えするようになったのでしょうか?

【月見団子】

月見団子は、白くて真ん丸ですが、あの形は満月を表しており、収穫された実なども表していると言われています。

月見団子をお供えし、月見団子を食べることで、健康や幸せになれると考えられています。

月見団子は三角形に積まれていますが、数としてはいくつなのか気になるところ。

十五夜の月見団子の数は、15個(12個や略して5個の場合も)となっています。

【すすき】

ススキには、月の神様の「依り代」という意味合いが込められています。

実際は、稲穂をお供えするのが良いのですが、収穫前なので、稲穂そっくりの「すすき」が選ばれたというわけ。

すすきには、邪気を払う効果もあるとされ、軒先に吊るすという地域もあります。

 

というわけで、今年は、十五夜と十三夜セットでお月見することをおすすめします。

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.