イベント・行事

【重陽の節句】読み方や意味は?由来!なぜ菊?和菓子で厄払い!

更新日:

【重陽の節句】というものを知っていますか?

日本で昔から行われている五節句のうちの一つとなっています。

五節句のうち、一番あまり知られていないのが【重陽の節句】かもしれません。

それでは、【重陽の節句】の読み方や意味についてお伝えしていきます。

さらに、【重陽の節句】ならではの和菓子についても紹介していきます。

【重陽の節句】読み方や意味は?

【重陽の節句】の読み方は「ちょうようのせっく」と読みます。

やはり、あまり耳にしない言葉ですよね。

日本には、古くら五節句というものがあります。

まず、五節句にはどのようなものが存在しているのでしょうか?

  1. 人日(じんじつ) 1月7日 七草の節句
  2. 上巳(じょうし) 3月3日 桃の節句
  3. 端午(たんご)  5月5日 端午の節句
  4. 七夕(たなばた) 7月7日 七夕
  5. 重陽(ちょうよう)9月9日 菊の節句

といったものがあります。

七草粥も、節句行事の一つであることも、あまり知られていないかもしれませんね。

その他の節句行事については、とても世の中に浸透しています。

では、【重陽の節句】は1年のうち、一番最後に来る節句となっていますが、いったいどのような意味が隠されているのでしょうか?

それは、『不老長寿・繁栄』を願うという意味が込められています。

【重陽の節句】の由来は?

『節句』というものは、季節の変わり目には「邪気が悪さをしやすい」という考えの元、行われるようになった行事です。

元々は、中国発祥の文化で流れ流れて、日本の文化と融合して現在のカタチとなっています。

そして、中国の「陰陽思想」から、数字の数には縁起の良しあしがあると考えられてきました。

【数字の縁起について】

奇数の1、3、5、7、9については【縁起が良い】

偶数の2、4、6、8については【縁起が悪い】

という考えになりますが、奇数が重なる月日というものに対して、お祝いをしようとしたのが五節句の始まりです。

ただし、おめでたいとお祝いするばかりではなく、悪いことも起きやすい日という意味合いがあったため、お祝いしつつ、邪気を払うという行事となります。

現在、【重陽の節句】、五節句の中では、一番忘れられた存在となっていますが、当時は一番盛大に行う行事の一つだったのだとか。

【重陽の節句】なぜ菊なの?

五節句では、植物や花がセットになっていますが、【重陽の節句】についても、『菊』という花がセットになっています。

では、【重陽の節句】では、なぜ『菊』がセットになるようになったのでしょうか?

実は、『菊』には薬草として古くから重宝されてきたのだとか。

そして、長寿になれると信じられてもいたのです。

とある伝説には、『菊』のおかげで700年も生きられたという話も残っています。

『菊』自身についても、花自体を楽しめる期間が他の花よりも長いので、日本でも国花になっているのです。

中国から伝わり、平安時代では宮中行事で、すでに『菊』使用した厄払いや、お祝いが行われていたようです。

江戸時代になると、庶民へも文化が広まり現在のカタチへとなっていきました。

【重陽の節句】菊をモチーフにした和菓子が!

【重陽の節句】では、よく菊をモチーフにした和菓子があります。

なぜ、このような和菓子が作られるようになったのかというと、

菊を食べることで厄払いできると考えられてきたからです。

【重陽の節句】は9月9日。

最近は、温暖化現象の影響により、季節を問わず台風がやってきますが、基本的には、9月は台風の季節です。

そして、夏が終わり秋に向かうという季節の変わり目でもありますので、体調を崩しやすい時期。

そういったことから、菊の和菓子を食べることで、お祓いしようとなっていったのです。

 

今まで【重陽の節句】なんてしたことがなかった!という方は、今年はぜひ菊の和菓子でも食べて、ほっこりしてみてはいかがでしょうか?

-イベント・行事

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.