スポーツ

子供にスノボーはいつから?危険な逆エッジとは?スクール選びのポイントは?

更新日:

子供にスノボーをやらせたいと思っても、危険なニュースを耳にしてしまい躊躇しがちではないでしょうか?

ゲレンデで見かける小さなボーダーは、とても可愛く微笑ましいものです。

腕前は大人顔負けというぐらい、上手に滑っていたりします。

どのようにしてマスターしたのかが気になるところです。

子供にスノボーはいつからが妥当なのか、そしておすすめスクールもお伝えしたいと思います。

スノボーには危険な逆エッジがつきもの!

冬季オリンピックなどで、ハーフパイプや、ボーダークロス、大回転などの競技を観ると、とってもかっこいいですよね!

いつか、わが子もスノーボーダー選手へ♪なんて憧れを抱くのは、無理もないことでしょう。

そして、両親がそろってスノーボーダーだった場合は、早く子供にもスノボーをやらせたいとお考えなのではないでしょうか?

それと同時に、子供にスノボーは危険すぎるから無理かなと思ってみたり・・・

では、スノボーの何が一体危険と言われているのでしょうか?

それは、逆エッジ!

初心者は、かなりの頻度で逆エッジが起きてしまいます。

スノボーを良く知らないという方のために、逆エッジについて解説します。

【エッジについて】

エッジとは、スノボーの板の裏側についている金属部分です。

ターンをする際によく使う部分。

上級者になると、カービングターンと言って、ほぼエッジ部分だけで滑走するスタイルもあります。

スノボーには、ソフトとハードがありますが、子供の場合は100%ソフトタイプ。

つまり、横乗りとなります。

横乗りになると、つま先側とかかと側に、エッジ部分があります。

ゲレンデは斜面になっていますので、エッジをきかせないと、落下あるのみ。

止まることも出来ずに暴走します。

そのため、必ず山側のエッジをきかせる必要があるのです。

エッジがきくことで、雪面をしっかりとらえることが出来、通常の場合は転ばずに滑走できます。

エッジ摩擦が大きければ大きいほど、ブレーキの役目を果たしてくれます。

【逆エッジ】

では、逆エッジというのはどのような状態なのかというと、文字通り、逆のエッジが不本意にかかってしまい、急激にバランスを崩し転倒してしまう事です。

安全な転び方ではなく、危険が伴うものとなります。

体が宙に飛ばされる場合も。

着地が酷ければ、骨折や大けが、はたまた命にかかわるケースも出てきます。

例えば、初心者でありがちなのが、ゆっくりのスピードだったのに、逆エッジがかかってしまっての転倒。

ある程度スピードコントロールできるようになると、少なくなるのですが、初心者は両足固定に慣れていませんし、スピードが出ることに対し恐怖心も持ち合わせています。

あまりスピードが出ない平らなゲレンデで練習を重ねますが、これが落とし穴。

平らでスピードが出ないので、エッジを立てるのに苦労します。

すると、ピッタリと板と雪面がくっついた状態。

恐怖心があるため、板を縦にすることがかなわず、正面を向きつつゆっくり移動することになります。

この状態は、いつ逆エッジがかかるか危険な状態だといえます。

結果的に、つま先が引っかかって、大胆に転倒してしまったりするのです。

そのため、スピードが出ないから安心というわけではありませんので、ご注意ください。

子供にスノボーはいつから?

スノボーの逆エッジが危険だということがおわかりいただけたところで、肝心の子供にスノボーはいつからやらせてあげれば、良いのでしょうか?

結論から言うと、本人がやりたいと言ったら始め時と言えます。

幼いうちからスノボー選手を目指している!という場合は別として、スノボーは楽しいと思えるまでには、時間がかかるスポーツです。

そして、恐怖心も伴います。幼い子供は忍耐力がまだまだ未熟。

スノボーを嫌いになってしまう可能性も否めませんので、本人の様子を見ながら、進めていくと良いでしょう。

では、どうしても早くやらせてみたい!という場合は、何歳からが妥当なのでしょうか?

スクールを確認するとよくわかるのですが、3歳からスノボースクールを受け付けてくれるところが多いようです。

3歳が目安ということになります。

スキーとスノボーどっちを始める?

では、スキーとスノボーってどちらを始めるのが良いのでしょうか?

両親揃ってスキーもスノボーも滑ることが出来る場合、悩まれるかもしれませんね。

では他の皆さんは、どちらからスタートされているのでしょうか?

ゲレンデで練習している親子を見てみると、スキーを練習している方が圧倒的多数です。

やはり、安全面等を考慮して、スキーから始めているというご家庭が多いようですね。

では、スノボーからいきなり始める事はいけないのでしょうか?

それについても、答えはノーと言えます。

スノボーから始める事も決して間違いではありません。

親御さんの中には、スキーはやらず、スノボーのみという方も多くいらっしゃることでしょう。

そして、実際にスノボーは3歳からスクールでも受け付けてくれるところが存在しているので、いきなりスノボーを経験させるという方法もアリだと言えます。

スクール選びのポイントは?おすすめスクール!

満を持して、子供をスクールに入れよう!となった場合、スクール選びにはどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

それはやはり、安全面をしっかり配慮してくれるスクール。

やはり、スノボーは危険ということに変わりはありません。

ですが、しっかりプロテクターを装着し、転び方をマスターすれば、楽しく滑る喜びを知ることも可能なスポーツでもあります。

では、そんなスクール存在しているのでしょうか?

探ってみたところ、ありました!

おすすめは、舞子スノーリゾート。

テレビにも取り上げられましたのでご紹介します。

ちょっとお値段が高めですが、長時間練習できるのは魅力と言えます。

動画のお子さんも満足していましたし、ご両親も満喫されたご様子ですね。

お子さんにスノボーをとお考えの方は、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

-スポーツ

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.