フード・スイーツ

吉祥寺で和風絶品フレンチをリーズナブルなコースで堪能!ガロパン【食レポ】

更新日:

吉祥寺の中道通りには実に個性豊かなお店が並んでいます。

私はよく、シーシャを提供しているはちグラムさんへお邪魔するのですが、その日は混雑していて入店出来なかった為、「お腹も空いたし何かないか・・・。」とフラフラ歩いていたところ、路地にひっそりと佇むお洒落な飲食店を見つけました。

そこは地元民に愛されている【ガロパン】というフランス料理店。

ガロパンが建っている道はいくらか坂になっているので、中道通りから見ると若干埋もれている風に見えます。

色とりどりの小さな電飾で装飾されている外観は、フランスの田舎町を連想させます。

https://www.shutterstock.com/download/success?u=http%3A%2F%2Fdownload.shutterstock.com%2Fgatekeeper%2FW3siZSI6MTU0OTM4MjUwOCwiYyI6Il9waG90b19zZXNzaW9uX2lkIiwiZGMiOiJpZGxfMTQwNTIyNjI2IiwiayI6InBob3RvLzE0MDUyMjYyNi9zbWFsbC5qcGciLCJtIjoxLCJkIjoic2h1dHRlcnN0b2NrLW1lZGlhIn0sImhHZGlxeFZMOHc5dk9QY2ZESE4wRGZ4c0pwRSJd%2Fshutterstock_140522626.jpg&pi=33615136&m=140522626&src=zow02F2XFyVtjJberu8k4w-1-37↑本当にこんな感じで入口が埋まっている風に見える

入口が坂に埋まっているので、オープンしているのかしていないのか、恐る恐る確認するように中へ入る。

オープンしたてだったのか、店内の客は私のみ。
非常に静かで落ち着く空間とカントリー要素とアンティークが調和した装飾の店内はとても癒される。

↑家型のランプシェードが海外の家庭感を醸し出している

スタッフは、女性一人と料理長兼店主らしき男性、気難しそうな雰囲気により職人感が漂っています。

女性に案内されて、座席に着くと、どうやら予約をしている人がいるらしく、隣のテーブルがセットされていた。

え、結構埋まっている・・・。
知る人ぞ知る名店に違いない!直観的に感じた私は早速メニューの目を通す。

ざっと見た感じでは、テリーヌ、クレープ、エスカルゴにフォアグラとフランス料理を得意としているようで、フランス料理と言ってもがっつりではなく、ほんの少し和食が組み合わされている。これは私好みの味に違いない。

単品のメイン料理が¥1,500~¥1,800ラインで、ぱっと見少し高級志向だなと感じたものの、ふとコース料理に目が移る。

一番下のコースで¥2,700と、思ったより安い!
しかも内容は、冷製オードブル、スープ又はパスタ、メインディッシュ(お魚料理orお肉料理)、デザート、コーヒーor紅茶・・・これだけ付いて¥2,700はリーズナブル過ぎる(笑)

という事で、悩んだ挙句、二番目に高い¥3,800のコースを頼むことにしました。

え?高くなっている?気のせいです。

¥3,800のコースで、冷製オードブル、スープ、パスタ、メインディッシュ(お魚料理orお肉料理)、デザート、コーヒーor紅茶が楽しめるなら頼むっきゃない!

ガロパン行くならコース料理!内容をご紹介!

という事で、早速スタッフさんへコース料理を注文しました。

ここでご紹介する料理は、あくまでも私が注文した際に出てきたものなので、何が出てくるかは季節で変わるようです。

スープ、デザートに至っては、恐らく日替わり。

あくまで参考程度に楽しんで頂ければと思います。^^*

因みに、メインディッシュはすっごく悩んだのですが、お肉料理を選択。

それでは順番にご紹介させて頂きますね~♪

冷製オードブル

ロースハムと季節野菜のテリーヌ。
これは見た目がとても可愛らしい!オクラが星みたいになっているのが良いセンス。

さっぱりとしたロースハムに、旬の野菜の歯ごたえが良くとても美味しい。
恐らくケチャップとキャベツのソースはテリーヌにまた違う美味しさを与えていて非常に良い。

付け合わせとして置かれているキュウリ・トマトは新鮮ですごくおいしい。
野菜嫌いな子供でも、これを見せられたらうれしくて食べてしまうかも(笑)

スープ

ビーフテールのコンソメジュレとじゃがいものビシソワーズ。
食べ物が大好きな私ですが、実は冷製スープが少し苦手・・・。

でもこのコンソメジュレが凄く美味しそうだったので、スプーンで崩しつつ啜ってみると・・・。めちゃくちゃ旨い!!(笑)

今まで食した冷製スープは冷製スープじゃなかったという衝撃を受ける旨さ。

元々冷製スープの何が嫌いだったかというと、薄味でなんかクリーミー、そして甘くないのに冷たい・・・というのが苦手だったのですが、これは違う。別物。

これは何杯でも飲める。

パスタ

魚介と木ノ子のジェノバ風 自家製生パスタ。
白ワインで蒸されたムール貝とアサリにバジルソースが良く絡んだキノコ、そして一番上にはパルミジャーノチーズを薄く削ったものがトッピングされている目にも嬉しい逸品!

チーズ好きなので、混ぜ込む前に削りチーズをパクり。旨い。

でも勿論混ぜた方が美味しいので、熱々のパスタに溶け崩れていくチーズを見ながらいざ実食。

適度なバジルの塩味とキノコの旨味にパルミジャーノのほろ苦くクリーミーな味わいが最高に美味しい。自家製生パスタのコシが強くてもっちもちで最高。
食べるのがもったいないと思ってしまうムール貝も一緒にパクパク。あーこれは良い出汁ですな(笑)酒蒸し最高。

お腹が減っていた事もあり、あっという間に完食。

メインディッシュ

牛フィレ肉のグリル 黒胡椒ソース
ついに姿を表したな・・・!私の牛フィレ肉・・・!

調理時からいい匂いがプンプン漂ってきていて、我慢の限界を迎えるギリギリのところ、ベストタイミングで現れた。これは美味しいそうだ。

マッシュポテトの様なものも完全にマッシャーされておらず、ところどころに焦げが付いているのが美味しそう。きっとオーブンで焼き上げたに違いない。

黒胡椒ソースというのが想像つかないまま、ナイフを通してみると想像以上に柔らかい・・・。すでに柔らかさが伝わってくる(笑)こんなに分厚いのに柔らかいなんて。

たっぷりとソースを絡めていざ参れ、私の口へ!(テンション↑)

口に含んですぐにフィレ肉の肉汁がピリ辛味のソースと絡んでこれはヘブン状態!
柔らかいんだけれども、不思議と弾力のある食感は何とも言えない。
もしかしてローストされているのかしら。

ソースが美味しくて、もしも自分しかいない空間なら皿をなめるという禁忌を犯したくなる旨さ。

これだけ美味しくて¥3,800はやっぱり安いな。

デザート+食後のコーヒーor紅茶

大変申し訳ない事に、食べ終わってから写真を撮っていない事に気が付きました。
なので、語彙力で頑張ってご解説します。。。

デザートは、紅茶のシフォンケーキ 柚子シャーベットとブルーベリーのソルベ添え。

アイス2種類に関しては、幾つかの候補から選べました!
たしか、ピスタチオ、カプチーノ、ラズベリー、バニラ、抹茶等々。

このとろけるアイスがまた、自家製のケーキと良く合います。

良い茶葉を使われているのか、品のある紅茶の香りが鼻を抜けてとても美味しい。
食後のお口直しは全く要らないのですが(美味しかったので残しておきたい←)これは清涼感あってさわやかな味わいに後味最高です。

私はコーヒー派なので、砂糖もミルクも入れずに一啜り。
広がるアロマと、この店内の装飾が異国へ連れてってくれます。

この贅沢なひと時、最高。

夢中で食べていたので、気が付かなかったのですが、19時30分くらいから店内がにぎわいを見せていました。

家族で来る人も多く、オードブルのように大皿で乗った料理を提供するサービスもあるようです。

大人数で食べているのを見ると、急に淋しくなるものですが(笑)
一人で舌鼓を打っていても過ごしやすい環境です。

ガロパンの総合評価

僭越ながら全体の食事と雰囲気、そしてサービスを総合的にまとめたのがこちら。

良かった点

とにかく料理がどれもこれも美味しい!そしてリーズナブル!これはいきなりコースを頼んでも満足すること間違いない。

落ち着いた店内なので客層がとてもよく、一人でも過ごしやすい。

お手洗いもキレイ・・・だけどユーモラスな仕掛けアリ(笑)これを良しと取るか、気になると取るかは個人差がありそうです。私は結構ウケました。

・外観も内装もフランスの田舎町を連想させるお洒落で落ち着ける空間。

気になった点

・前述したお手洗い。トイレとドアまでの距離が滅茶苦茶離れてる(笑)
ノックされたら結構一大事。しかし秘密兵器が近くにある。(行った時にぜひ秘密兵器を見て見てください。)

・単品で頼むと時々当たり外れがあり、ガロパンの良さが出ていないものもある。

・予約で入れない時があるので、事前にご予約した方が確実!

ガロパン店舗情報

店舗名:ガロパン フレンチレストラン (Galopin French Restaurant)
連絡先:0422-21-0275
予約:
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町2-24-6
アクセス:JR中央線/京王井の頭線吉祥寺駅 北口徒歩6分
①ユニクロ横の中道通りを三鷹方面に200メートル行く
②右手に本町2丁目郵便局 次の路地を左に入る
営業時間:
<火~日曜日>
11:30~15:00(ランチメニュー/ラストオーダー14時)
18:00~23:00 ラストオーダー22時半
定休日:月曜日
平均予算:
<ランチ>
¥1,000~¥2,000
<ディナー>
¥4,000~¥5,000
喫煙:全席禁煙


 

落ち着いていながらも、家庭的な良き雰囲気を醸し出すガロパンは、家族連れ・一人・カップル・会社どんな人でも受け入れてくれそうな懐を感じました。

思わず洋書を持って、ゆったり読みながら食事をしたくなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。


 

-フード・スイーツ

Copyright© OVERHEAD , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.